テニス 部活

戦術

真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

テニスの試合に勝つ。

この目指すことに向けて、アナタ自身どうやって立ち向かうのか。

ほとんどの人が、真っ向勝負のテニスで挑んでいく。

もちろん、否定はしません。

ですが、覚えておいて欲しいのは真っ向勝負、も試合に勝つ為の手段の一つであるということ。

正攻法を否定はしませんが・・・危ない、ということだけは覚えておいて下さい。

 

真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

 


 

■正攻法で負けることを、防ぐ手立てはある

テニスの試合は面白い。

だからこそ、テニスの試合では正攻法で戦うことだけに捕らわれると、危ない。

正攻法で負けること、をどこかで良しとする傾向にあるのは、テニス界の怖いところです。

このことを知っている人は、正攻法で負ける怖さを知っている。

真っ向勝負だけで挑んでいても、テニスというスポーツは甘くありません。

あることを実践することで、こういった「正攻法、真っ向勝負での負け」は防ぐことが出来ると、私は思うのです。

 

■「プライドを捨てる」ことの重要性

試合の中で、自分のプライドを捨てる事。

これで勝てる試合、実は過去にいくつかあったはずです。

プライドを捨てて、勝ちに徹する。

そういった試合では、ほとんどが「正攻法」を捨てることで勝機が見えて来るはず。

正攻法と言えば聞こえは良いですが、気が付けば相手の好きな土俵で戦っているケースも多々ある。

プライドを捨てて、自分の持っている武器で勝負していく、もがいていくことはテニス選手として必要なこと。

この覚悟の有る無し、で実は大きく結果が変わってくるはずです。

 

■勝ち試合を増やすことが、今のアナタには必要

アナタ自身、試合に勝つことを最優先に考える。

実は、これはすごくしんどいことだと思います。

自分がやりたいテニス、正攻法のテニスを捨てることを求められる機会も多いでしょう。

その時、どんな選択が出来るのか。

勝ち試合を増やしていく覚悟、アナタにはありますか?

 

テニスの試合、きっともっとアナタ自身出来ることがある。

勝ち試合を増やすのには、実力アップが必要?

もちろん大事ですが、意識を変えたり考え方を変えるだけで、絶対に結果は変わる。

変えることが出来る。

ちょっとだけ、貪欲になってみませんか?

もっとテニスの試合に勝つ、ということについて。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう

    テニスの試合、強い相手をなぜ強いと感じるのか。それって、「これ…

  2. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう

    テニスの試合の中で、必要な考え方。特に「自分はチャンスに弱い・…

  3. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い

    テニスの試合、強い人ってどんな感じでしょう。実力以上に、強気で…

  4. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

  5. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる

    試合における、みなさんの武器は何ですか?私は、「大したことな…

  6. テニス メンタル

    戦術

    強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

    みなさん、試合後の握手。どんな感じでしてますか・・・?って、あ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない
  2. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い
  3. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハ…
  4. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
  5. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
PAGE TOP