テニス 体力

戦術

試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。

だから序盤に慌てることは無いし、終盤に焦ることもない。

そして、どうしても厳しい試合になったときには、自分でどうにか出来る自信がある。

良い流れを呼び込むのは、他ならぬアナタ自身です。

 

試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

 


 

■試合の流れを敏感に感じ取れるようになろう!

アナタ自身、試合の中で何となくは感じるでしょう。

「まずい流れ、になっているな・・・」みたいなこと。

そのときに、ただまずいと思いながらそのまま、流れにのまれてしまうのか。

それとも、自分から主体的に、変える行動を興していけるのか?

この違いは、テニス選手にとって非常に大きな差になって現れます。

 

■流れを呼び込むには、「飛び道具的な武器」が欲しい

テニスの試合では、よく「ドロップショット」のようなショットが流れを変えると言われています。

今までと違うリズム、スペースを使うようなショットが、なぜ「流れを変える」うえで重要なのか。

それには理由があります。

飛び道具のようなインパクトがあるショットは、相手の印象にも残る。

ドロップショットを打たれた相手は、ポジションを前に上げていかないと「またやられてしまう・・・」と思いますよね。

そうなると、攻撃されるスペースは増えるし、結果的にドロップショットでポイントを獲った側が圧倒的に優位になったりする。

これこそ、良い流れを呼び込んだときの具体的なイメージです。

 

■試合の流れをコントロールしているのは、「自分」という意識で

試合の中で、自分がコート上を掌握している感覚、大事です。

「どうも、相手のペースのような気がする・・・」試合って、大抵勝てませんよね。

でも実力が伴っていないし、どうしよう・・・と思った方は、まず無理やりにでも自分のペースで試合をしている、と感じれるように。

準備段階から、変えていきましょう。

試合の中で、調子が悪い、相手の攻撃が激しいときに何をするのか、決めておくだけでも全然違うはずです。

そうすれば、試合の流れにも敏感になるし、悪い流れのときも修正出来るはずです。

 

流れを持って来る上で、大事な意識。

それは、何度も書いてきましたが「テニスの試合は、あっという間に終わる」という意識です。

1セットマッチの試合が多いと思いますが、実際30分くらい、プレーしている時間はもっと短いはず。

危機感、を持って日々準備しましょう。

テニスの試合で勝てる選手は、したたかに準備しているのです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. その練習を、疑おう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

    テニスの試合、リードして、されての繰り返し。つい、リードされた…

  2. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  3. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  4. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特…

  5. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  2. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  5. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術
PAGE TOP