テニス 体力

戦術

試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。

だから序盤に慌てることは無いし、終盤に焦ることもない。

そして、どうしても厳しい試合になったときには、自分でどうにか出来る自信がある。

良い流れを呼び込むのは、他ならぬアナタ自身です。

 

試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

 


 

■試合の流れを敏感に感じ取れるようになろう!

アナタ自身、試合の中で何となくは感じるでしょう。

「まずい流れ、になっているな・・・」みたいなこと。

そのときに、ただまずいと思いながらそのまま、流れにのまれてしまうのか。

それとも、自分から主体的に、変える行動を興していけるのか?

この違いは、テニス選手にとって非常に大きな差になって現れます。

 

■流れを呼び込むには、「飛び道具的な武器」が欲しい

テニスの試合では、よく「ドロップショット」のようなショットが流れを変えると言われています。

今までと違うリズム、スペースを使うようなショットが、なぜ「流れを変える」うえで重要なのか。

それには理由があります。

飛び道具のようなインパクトがあるショットは、相手の印象にも残る。

ドロップショットを打たれた相手は、ポジションを前に上げていかないと「またやられてしまう・・・」と思いますよね。

そうなると、攻撃されるスペースは増えるし、結果的にドロップショットでポイントを獲った側が圧倒的に優位になったりする。

これこそ、良い流れを呼び込んだときの具体的なイメージです。

 

■試合の流れをコントロールしているのは、「自分」という意識で

試合の中で、自分がコート上を掌握している感覚、大事です。

「どうも、相手のペースのような気がする・・・」試合って、大抵勝てませんよね。

でも実力が伴っていないし、どうしよう・・・と思った方は、まず無理やりにでも自分のペースで試合をしている、と感じれるように。

準備段階から、変えていきましょう。

試合の中で、調子が悪い、相手の攻撃が激しいときに何をするのか、決めておくだけでも全然違うはずです。

そうすれば、試合の流れにも敏感になるし、悪い流れのときも修正出来るはずです。

 

流れを持って来る上で、大事な意識。

それは、何度も書いてきましたが「テニスの試合は、あっという間に終わる」という意識です。

1セットマッチの試合が多いと思いますが、実際30分くらい、プレーしている時間はもっと短いはず。

危機感、を持って日々準備しましょう。

テニスの試合で勝てる選手は、したたかに準備しているのです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

    みなさん、試合後の握手。どんな感じでしてますか・・・?って、あ…

  2. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ

    左利きの選手は、強い。テニスの試合ではよく聞かれる言葉ですが…

  4. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要

    何となく、上手そうに見えないんだけど試合に強い人。そういう人っ…

  5. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  6. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

特集記事

  1. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い
  5. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
PAGE TOP