テニス メンタル

戦術

自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

テニスの試合、初対面の相手。

つい、自分の特徴を「隠そう」と思ってはいませんか?

もちろん、それも一つの手、であはあります。

でも、私はあえて、「見せていくこと」も大事だと思いますよ。

相手に、自分のプレーを見せ付ける、思い込ませる。

これって、試合に勝つうえでは大事なこと、だと思うんです。

 

自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

 

1.相手は自分をしっかり、見てくれている

これは、強い相手程、です。

アナタ自身、しっかり相手から見られている。

みなさんにとって初対面、であれば、相手にとっても初対面。

初見の相手ということは、それだけ相手も警戒して必死に「どんな相手だろう?」と思って観察してくれる。

強い相手ほど、この傾向は強いんです。

だからこそ、アナタ自身は出し惜しみをしてはいけない。

むしろ試合の序盤は相手に「見せ付ける」くらい、自分たちの特徴を出していくべき、なんです。

そうすることで、相手をコントロール出来ますからね。

 

2.隠して良いこと、なんて無いと思う

もし、アナタが凄い必殺技、を持っていたとしましょう。

みなさんはそれを、最後まで取っておく、温存しておくタイプですか?

これって、性格が現れると思います。

私は、最初に使っていくタイプです。

その理由は2つあります。

1つは、使い時期すら逃してしまうのはもったいない、ということ。

そして、もう1つは、失敗しても相手に印象付けて警戒してもらう、ことが出来るから。

失敗しても成功、なんですよね。

大胆な作戦って、相手の脳裏に染み込むので、その後もずっと警戒してくれる。

失敗しても、相手からするとそれは「アナタの得意パターン」に思えて、ずっと警戒してくれるんです。

だったら、速い方が良いですよね、繰り出すのは。

私自身、これは経験から得てきたこと。

アナタ自身、自分の特徴は早めに相手に公開する。

これが一番、試合に勝つ近道です。

 

3.自分を知られたうえで、何が出来るのか?

テニスの試合、終盤で起きていることは、これです。

お互いに、ある程度相手について分かってくる、知って来る。

その上で、何が出来るか、です。

自分のテニスのプレーの幅、が求められるんですよね。

得意なプレー、は分かったと。

だったらそれを警戒させておいて、何が出来るのか。

ここをしっかり、考えないといけない。

私なら、ボレーヤーっぷりをなるべく試合の序盤に出しておく。

その後、いかにストロークで粘れるのか。

もちろんネットプレーは入れていきますけど、相手に警戒されたら辛いですからね。

自分の中で、プレースタイルを使い分ける意識、は大事です。

 

4.「結局あの人、何だったんだろう?」で、終わろう

前にも書きましたが、これで終わるのが一番です。

相手からすると、掴みどころが無い、よく分からない相手。

このままで、試合を終えましょう。

きっとそれが、アナタ自身勝利へ近づく道、だと思います。

自分の特徴はどんどん、出していくんだけど、試合の後半にプレースタイルが変わる。

これで、充分に相手を惑わせることが出来るはずです。

1セットマッチ、のような試合であれば、充分。

相手を印象付けて、それと変わった自分も試合の後半で見せていく。

難しいことは考えず、これで充分でしょう。

 

「あの人、強そうに見えないのに、なぜか勝ち上がっていくよな・・・」という人。

きっと、無意識のうちにこういうこと、で相手を揺さぶっているんだと思います。

試合で自分を隠そう、と思うのは損ですよ。

もっと自己アピールして、それを利用する。

それくらのしたたかさ、持ってみて下さい。

テニスは勝負師、にならないと、試合では勝てないですからね。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事

    試合で安定感がある人が、何を考えているのか。普段、ラリーしてい…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

    試合に出ていると、相手の強さを感じることがある。これって、当た…

  3. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

    試合で勝てる人は、テニスの技術はもちろん、その使い分けが上手い。…

  4. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

    試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。そのボールが…

  5. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

    一流の選手の、凄いところ。私は、たくさんの試合を生で観て来まし…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  2. 日々の雑記

    川口能活、という選手について語りたい
  3. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない
  4. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?
PAGE TOP