テニス メロブ

戦術

テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?

テニスの試合、それは孤独な闘い。

チームスポーツのように選手交代、は出来ない。

でも・・・どうしようも無いとき、試合中に交代したと思うこと、ありますよね。

ちょっとした意識で、試合の進め方が変わるはずです。

 

テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?

 

1.試合中に、どんどん人格を変えていこう

私は、意識していることがあります。

試合中に選手交代、は出来ると思う。

そう、人格を変えていけることが出来れば・・・です。

「人格を変える、なんて大げさな・・・」と思うかもしれませんが、それくらいの覚悟が大事。

プレースタイルを変える、くらいの甘い意識ではダメ、です。

 

2.プレースタイルを変えても、強い相手は慣れている

確かにネットプレー、を入れていけば相手は動揺してくれる。

ですが、それも単発ではあまり意味が無い。

相手が警戒してくれるには、2回、3回とハッキリと「違うこと」をやれるくらいの、思い切りが欲しい。

テニス選手として、選手交代する。

シングルスの試合でも、これが出来る人が試合で最後は強い。

このままじゃ勝てない、と分かった時点で人格交代、選手交代。

本当に強い相手には、それくらい思い切った作戦でないと効かない、結果勝てないのです。

 

3.交代出来る選手は2人、用意しておこう

徹底的に攻撃的な選手、そして守備的な選手。

この2人の選手は、アナタの控えベンチに置いておきましょう。

適宜、交代していく。

交代しながら試合を進めていく、この意識が大事。

2人準備しておくことで、精神的にも少し楽になる。

当然、やって負けることもあるでしょう。

でも準備してやり尽くして終わる、ことが出来ればその反省も活かせる。

守備と攻撃、両極端の選手・・・に、アナタ自身なれますか?

 

自分のプレー、ずっと同じ調子、ということは有り得ない。

それで勝てる試合は、どうやったって勝てる。

だからこそ、普通にやって勝てない相手、をどう戦うのか。

交代選手、密かに鍛えておきましょう!

 

今回のまとめ

交代選手を2人用意して、試合中に交代していく意識を持ってみよう

 

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べる

    テニスの試合、それは「ゲームを獲る」ことの積み重ね。漠然とプレ…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

    テニスの試合って、みなさん打ち合うスピード、をどの程度意識していますか…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  5. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」につ…
PAGE TOP