テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理由

テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした。

シングルスの試合、とにかくバックハンド側に打って前に出る。

ネットに出て、バックハンドストロークを打ってもらって、ミスを誘う。

これだけで、実は結構3回戦くらいまでは楽に勝てるようになってました。

皆さんにも、きっとこれは使えるはず!

ということで、改めて今回はこの作戦が有効と思える理由をまとめてみました。

ぜひ、積極的に試合で実践してみて下さい。

 

シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理由

 


 

1.バックハンドは、苦手な人が多い

やっぱり、一番の理由はこれです。

人は、苦手なところを攻撃されるだけで精神的に辛い。

辛いから無理したくなる、早くポイントを終えたくなる。

普通にストロークを打つ分にはごまかしが効きますが、パッシングショットはそうはいきません。

アナタはコートの端を守る必要はなく、あくまで7割くらいをカバー、しっかりボレーで返すくらいのイメージでネットに付きましょう。

 

2.ネットプレーが得意だと思わせる

アナタがどんなプレースタイルか、はさておき、積極的にネットに出てくる相手は嫌なもの。

結果的にパッシングで抜かれても、相手は攻撃されたという印象が残る。

試合において、これは大きいことなんです。

相手が下がってくれれば、ドロップショットのチャンスが広がる。

ぜひ序盤で、攻撃的なネットプレーを見せておきましょう。

 

3.バック側は、ロブで逃げてくる可能性大

バック側を攻撃されると、ロブで逃げたくなるのが心情。

特にベテランプレイヤー、主婦の方はその傾向にあるようです。

ラケット面をチェックして、スライスの構えであればスマッシュに備えましょう。

備えあれば、憂いなし、です。

パターンを作ってしまえば、ネットプレーも精神的に楽にトライできます。

 

4.フォアハンド側に「隙」を作ることが出来る

アナタも経験があると思いますが、「バック側を狙われている・・・」と思うと、ポジションがそちらに寄る。

寄るからこそ、フォアハンド側に隙が生まれる。

大事なポイント、ゲームポイントやブレイクポイントで、フォアハンド側を攻撃していく布石になる。

それくらい、普通のストロークではなく前に出ていくアプローチショットには、インパクトがあるのです。

 

さぁ、決まりましたね。

バックハンド側にシンプルに深く打って、前にいきましょう。

ボレーの上手い、下手は関係ありません。

失敗しても良いんです。

大事なのは、相手に「バック側を攻撃してるぞ!」という意図を見せること。

それはやったもの勝ち、ですからね。

ぜひ試合で試してみて下さい。

劇的に勝率が上がるかも・・・知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

    シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。…

  4. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める
  2. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  3. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5…
  5. テニス ロブ

    リターン

    サーブを入れることで精一杯な相手には、「タイミングを早くしたライジングでのリター…
PAGE TOP