テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理由

テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした。

シングルスの試合、とにかくバックハンド側に打って前に出る。

ネットに出て、バックハンドストロークを打ってもらって、ミスを誘う。

これだけで、実は結構3回戦くらいまでは楽に勝てるようになってました。

皆さんにも、きっとこれは使えるはず!

ということで、改めて今回はこの作戦が有効と思える理由をまとめてみました。

ぜひ、積極的に試合で実践してみて下さい。

 

シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理由

 


 

1.バックハンドは、苦手な人が多い

やっぱり、一番の理由はこれです。

人は、苦手なところを攻撃されるだけで精神的に辛い。

辛いから無理したくなる、早くポイントを終えたくなる。

普通にストロークを打つ分にはごまかしが効きますが、パッシングショットはそうはいきません。

アナタはコートの端を守る必要はなく、あくまで7割くらいをカバー、しっかりボレーで返すくらいのイメージでネットに付きましょう。

 

2.ネットプレーが得意だと思わせる

アナタがどんなプレースタイルか、はさておき、積極的にネットに出てくる相手は嫌なもの。

結果的にパッシングで抜かれても、相手は攻撃されたという印象が残る。

試合において、これは大きいことなんです。

相手が下がってくれれば、ドロップショットのチャンスが広がる。

ぜひ序盤で、攻撃的なネットプレーを見せておきましょう。

 

3.バック側は、ロブで逃げてくる可能性大

バック側を攻撃されると、ロブで逃げたくなるのが心情。

特にベテランプレイヤー、主婦の方はその傾向にあるようです。

ラケット面をチェックして、スライスの構えであればスマッシュに備えましょう。

備えあれば、憂いなし、です。

パターンを作ってしまえば、ネットプレーも精神的に楽にトライできます。

 

4.フォアハンド側に「隙」を作ることが出来る

アナタも経験があると思いますが、「バック側を狙われている・・・」と思うと、ポジションがそちらに寄る。

寄るからこそ、フォアハンド側に隙が生まれる。

大事なポイント、ゲームポイントやブレイクポイントで、フォアハンド側を攻撃していく布石になる。

それくらい、普通のストロークではなく前に出ていくアプローチショットには、インパクトがあるのです。

 

さぁ、決まりましたね。

バックハンド側にシンプルに深く打って、前にいきましょう。

ボレーの上手い、下手は関係ありません。

失敗しても良いんです。

大事なのは、相手に「バック側を攻撃してるぞ!」という意図を見せること。

それはやったもの勝ち、ですからね。

ぜひ試合で試してみて下さい。

劇的に勝率が上がるかも・・・知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. その練習を、疑おう
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

    シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。すぐ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
  2. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎて…
  4. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして…
  5. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う
PAGE TOP