テニス スマッシュ

戦術

これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

テニスには、色々なショットがあります。

元々、ルール上ワンバウンドでも良いし、ノーバウンドで打ち返しても良い。

そうやってルールに幅があるのがテニスですから、当然、選手にも幅広い技術が必要になります。

ここでポイントなのが、何かの技術を「これは、難しいこと」と決めつけるのは損だということ。

私の経験上、人には向き不向きがあって、技術のレベルなんてその人次第。

今までやってきたスポーツ、にもよるでしょうし、性格的な影響も大きい。

だからこそ、こういう意識は大事です。

 

これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

 

1.例えばドロップショットって、上級者向き?

一見すると、初心者はほとんど打てないような技術ですが・・・実際は、そうでも無い。

かつて私の教えていた生徒さんで、バドミントン経験者の方がいまして、その方はテニスは初心者でしたが、ドロップをガンガン打つんですよね。

話を聞いてみると、これはバドミントンでは当たり前の話で、前後に揺さぶる競技だからだと。

テニスもそれに近いし、ワンバウンドが許されているので拾われる可能性が高いけど、ドロップショットは難しいとは感じない。

むしろ、ストロークの方がずっと難しい!と言われたのを思い出します。

確かに、これは一理あるなと。

打っていくことに抵抗が無ければ、その技術のレベルなんて大した差は無い。

自分たちで勝手に、決めているだけかも知れませんね。

 

2.中級クラスから並行陣、そこに自分の意志はあるの?

テニススクールでも、中級クラスから並行陣、を敷いて戦っていく。

習っていくのが普通ですよね・・・でも、これって、レッスンがそう進むから、でしょうか。

テニスの中級あたりから、雁行陣から並行陣へ。

これはほぼどのテニススクールでも採用されているカリキュラム、でしょう。

でも、そこにアナタの意志はありますか?

「この陣形は、難しいもの」と決めつけて初心者の頃から、興味も沸かずに触らない。

そして中級になって、周りがOKしたから始めてみる・・・なんて、もったいないですよ。

自分の意志を、しっかり持っていく。

それは、技術レベルを先入観で捉えない、自分で考えて判断する、ということにつながるはずです。

 

3.上級者向けのショットがあるとすれば、むしろ初心者から取り組もう

もしも、習得に長い時間がかかる技術、があるとしましょう。

そしたら私は、むしろ早い時期から慣れて親しむ、取り組んでいくことが大事だと思いますよ。

ドロップショットにしても、早いうちから慣れていく、自分でも打つし、打たれる環境に身を置く。

これが大事だと思いませんか?

出来なくても良い、出来ないからなぜ出来ないかを考えるようになる。

身の丈にあった技術、で考えるから成長も遅いし全体像が見えて来ない。

テニスって、相手からポイントを奪い合うボールゲーム、ですからね。

手数は多い方が楽しいし、勝てますよ。

 

4.「上級者」という資格なんてテニスには無い

TOEICや他の資格、のように試験がある訳でも無いですからね。

他の競技と一緒です。

みなさん、一人の選手でありプレイヤー。

この自覚を持って、日々過ごしていきましょう。

上級者、なんて資格は無いし、要は試合でどんなプレーが出来るのか、結果を出せるのか。

「上級者向け」という発想を持って、良いことはありません。

対戦相手を敬い過ぎたり、自分で逃げ道を作るだけ。

厳しいようですが、結果的にこれがアナタ自身の成長を一番助けてくれる。

私はそう思いますよ。

 

実際に、技術レベルで難しいこと、はあります。

でも、習得していく順番には個人差があるし、繰り返しますが好き嫌い、あって良いんです。

人や周りから押し付けられる練習、レベル、考えに疑問を持つこと。

全てはここから始まるのです。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です

    今、目の前にある試合、1ポイント1ポイントはもちろん大切。です…

  2. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る

    試合になって、頭が真っ白になってしまう。これって、やっぱり「そ…

  3. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  4. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  5. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

    テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?強打とタッチプレー、…

  6. テニス 構え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
  2. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる
  3. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?
  4. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付け…
PAGE TOP