テニス ストローク

戦術

センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。

これは、何度も書いてきましたし、試合に出ているみなさんならきっと実践出来ているはず。

だからこそ、今回はあえて、センターセオリーの配球をしながら、でも考えておきたいこと。

つい、視野が狭くなりがちですからね、ダブルスの試合は。

セオリー戦術は大事ですが、それも一つの攻め方に過ぎない。

本当に強い相手に勝つには、セオリーを貫くだけじゃダメ、ですからね。

 

センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

 

1.センター狙いだけでは、ダブルスは勝てない

これは、当然でしょう。

相手も慣れて来るし、対策を練って来る。

2人の距離を近くして、なるべくセンターに反応出来るようにしていく。

この時に、アナタ自身が何を考えながら攻撃するか、です。

「相手が対応して来る」ことは、折り込み済じゃないと。

センター狙いは、あくまでセオリー。

試合慣れした相手なら、「そうだよね」と思いながら対応する。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「アングルの目線」です。

 

2.センターは攻撃するというより、「相手を寄せる」イメージで

ダブルスでのセンター攻撃、ここでまずはミスしない。

だって、相手を寄せるくらいのイメージでちょうど良いですからね。

相手だって、当然攻められるのは折り込み済、特に並行陣はそうでしょう。

だからこそ、相手を寄せるだけで良い。

寄せていけば、相手のアングルが空く、どんどん真ん中に寄ってくれる。

センター攻撃、セオリーの途中でミスしないこと。

それから、センターを攻撃しながらも「常にアングルを狙う」という姿勢を大切に、です。

 

3.アングルでエースを狙えるようになろう!

ダブルスのステップアップ、それはつまりこういう攻撃が出来るかどうかということ。

アングルへ、しっかりエースが狙える。

もちろん、厳しすぎるコースを狙う必要はありません。

シングルスコートで、ダブルスのエースが取れる。

その為には、相手を真ん中に寄せておく、ことが第一ですよね。

常に、アングルを狙う。

相手センターに寄せて、自分がどこでポイントを奪っていくのか、確認しましょう。

狙う姿勢が無い人は、慌てて打とうとしてミスするだけ、です。

 

4.2回センター、の後にはアングルへ打とう

私の感覚では、まず2回はセンター、その後にアングル、が効果的。

人って、2回繰り返されるとかなり意識する。

「2度あることは、3度ある」と言いますしね、それくらい3回目を警戒してくれる。

そこでコースを変える、アングルへ運ぶ、ことがダブルスの試合では効果的だと思います。

もちろん、あくまで基本の考えなので、みなさんでカスタマイズしてみて下さい。

いきなりアングル、よりもきっと効果的でしょう。

 

5.アングルボレー、打たないと上達しないです

この作戦、きっと「アングルボレー」の精度が肝。

なかなか打たないショット、になってはいませんか?

試合でも怖いし、練習ではラリーを切ってしまうようなショット、になる。

打つ回数、練習量が絶対的に足りない、のがこのアングルボレー、でしょう。

私がオススメしているのは、練習のボレーボレーからどんどん打っていく、そこでラリーを終わっても良い。

試合で決め球、になるショットですから、打つ回数を増やさないと鍛えられないですよ。

 

アングルボレー、で決める為のお膳立て。

センターへ攻撃しながら、アングルを常に狙う。

この意識があると、自然と相手をよく見えるようになるんですよね。

何となく、相手を動かして・・・よりも明確に意識を持ちましょう。

そこから全ては、始まるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  2. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

  3. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!

    最近は、雨や雪が多いですよね。そして、試合はオムニコート。…

  4. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です

    テニスの試合で、どうにも独りよがり、になっている人が多い。シン…

  5. テニス チャンス

    戦術

    30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう

    ここぞ、という場面で相手の攻撃を読む。この先まわりが出来れば、…

  6. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方について

    今回はご質問があった、このテーマについて。実は私も、この問題・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
  2. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  4. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ
PAGE TOP