テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。

せっかくコート上に2人いる訳ですから、しっかりポイントを決める。

決め切る為に必要なのは、角度を付けたボレー。

これが打てるかどうかで、ダブルスのレベルは決まります。

 

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

 


 

1.ネットにしっかり詰めるには、事前の動きが大事

前衛と一言で言っても、そのポジションは色々。

50cm違えば、求められるプレーは全く変わってくる。

そして、その50cmのポジションをしっかり前、にしていくためには相手が打つ前に動かないとダメ。

予測して、思い切ってロブを捨てる。

これには当然、後衛との連携も不可欠。

まずはしっかり、「ネット近くでボレーをする、という覚悟」が必要なんです。

 

2.ネットに詰めたら、ラケットヘッドを立ててアングルボレー

しっかり良いポジション、ネット近くでボレー出来るならしっかりラケットヘッドを立てる。

そして、ボールの横を触って、アングルボレーをシングルスライン付近に落とす、ことを実践しましょう。

ポジションを前にしながら、打つコースもイメージすること。

相手が打ってから、何もかもを決める、から上手くいかない。

しっかり事前にイメージを固めて、あとは身体が自然に動く。

ように練習していきましょう!

 

3.アングルボレーは、難しくない!

でも、「自分はまだ初心者だし、ボレーも苦手だし・・・」と考えている方も多いでしょう。

それって、発想がもったいない。

ネット近くで触るから、ガシャッたようなボレーでも良い感じにドロップボレーになる。

特典をしっかり活かす、ことが出来れば・・・アナタの苦手意識も払しょくされるし、ダブルスはもっとポイントが獲れるようになる。

この意識って、成功体験でしか得られない。

要は、やるかやらないか・・・です。

 

きっと、「やってみたら、意外と簡単じゃん!」の代表格が、アングルボレー。

難しいのはポジショニングで思い切って動く部分。

ここが一番、勇気が要るんです。

ネット近くにいくって・・・上級者の人でもなかなか出来ないもの。

信じて動く、でダブルスはもっと強くなれます!

 

今回のまとめ

ネット近くに詰めることさえ出来れば、ダブルスで前衛のアングルボレーは決まる!

 

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

    今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアの…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  4. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い

    ミックスダブルス、しっかり女性をサポート出来る男性、カッコイイですよね…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
  2. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキ…
  3. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけるこ…
PAGE TOP