テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。

せっかくコート上に2人いる訳ですから、しっかりポイントを決める。

決め切る為に必要なのは、角度を付けたボレー。

これが打てるかどうかで、ダブルスのレベルは決まります。

 

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

 

1.ネットにしっかり詰めるには、事前の動きが大事

前衛と一言で言っても、そのポジションは色々。

50cm違えば、求められるプレーは全く変わってくる。

そして、その50cmのポジションをしっかり前、にしていくためには相手が打つ前に動かないとダメ。

予測して、思い切ってロブを捨てる。

これには当然、後衛との連携も不可欠。

まずはしっかり、「ネット近くでボレーをする、という覚悟」が必要なんです。

 

2.ネットに詰めたら、ラケットヘッドを立ててアングルボレー

しっかり良いポジション、ネット近くでボレー出来るならしっかりラケットヘッドを立てる。

そして、ボールの横を触って、アングルボレーをシングルスライン付近に落とす、ことを実践しましょう。

ポジションを前にしながら、打つコースもイメージすること。

相手が打ってから、何もかもを決める、から上手くいかない。

しっかり事前にイメージを固めて、あとは身体が自然に動く。

ように練習していきましょう!

 

3.アングルボレーは、難しくない!

でも、「自分はまだ初心者だし、ボレーも苦手だし・・・」と考えている方も多いでしょう。

それって、発想がもったいない。

ネット近くで触るから、ガシャッたようなボレーでも良い感じにドロップボレーになる。

特典をしっかり活かす、ことが出来れば・・・アナタの苦手意識も払しょくされるし、ダブルスはもっとポイントが獲れるようになる。

この意識って、成功体験でしか得られない。

要は、やるかやらないか・・・です。

 

きっと、「やってみたら、意外と簡単じゃん!」の代表格が、アングルボレー。

難しいのはポジショニングで思い切って動く部分。

ここが一番、勇気が要るんです。

ネット近くにいくって・・・上級者の人でもなかなか出来ないもの。

信じて動く、でダブルスはもっと強くなれます!

 

今回のまとめ

ネット近くに詰めることさえ出来れば、ダブルスで前衛のアングルボレーは決まる!

 

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

    ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?ポーチを決めるこ…

  4. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?試…

  5. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  6. ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
  4. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
PAGE TOP