テニス ボレー

ボレー

角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。

角度を付ける、という表現がテニスにはありますが、難しく考える必要はありません。

サイドライン方向に飛ぶ、ネットと並行に近い球筋で飛んでいくようなボレー、これはアングルボレーと呼ばれます。

アングルボレーが打てると、「上手い!」と思わず周りがうなるような感じで、試合の雰囲気も変わるはず。

ちょっとしたコツを再確認して、どんどん試合で使っていきましょう。

 

角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

 


 

■ボレーの基本、ラケットヘッドを立てることを再確認

みなさんのボレーは、普段しっかり「ラケットヘッド」が立った状態でボレーできていますか?

ラケットの先が寝ている状態だと、ボールの下に入り過ぎてボールが飛ばない、下を切るようなスウィングになっているはず。

ラケットの先を立てると何が良いかというと、ボールを色々な角度から触れる、ことが出来るから。

ボールの右側を触れば、自然と左側に飛んでいく。

グッと打点を前に出していけるよう、最後は腕を前に出していきましょう。

そのコツは、実は「小指」にあります。

 

■アングルボレーは、小指から前に出してみよう

アングルボレーのコツは、ラケットヘッドを立てて小指から前に出していく。

小指を前に出すと、ボールを触るラケット面が自然に自分の顔の方向を向きますよね。

この形でボレーすると、ボールの外側を触りやすい。

優しく、そっと触ってあげると少しドロップボレー気味になって、ダブルスでも大活躍でしょう。

大事なのは、しっかり相手のボールが飛んで来る前に、どこをどういう形で触るのかイメージしておくことです。

 

■アングルボレーは、浮いても良いし浅くて良い!

ダブルスで大活躍のアングルボレーですが、シングルスにも使える。

あまり厳しいコースは狙わずに、しっかり相手を走らせる意味で使えば良い。

浮いたって良いし、浅くなっても良い。

しっかり誰が見ても、今のはアングルボレーだな、と分かるくらいはっきり打ちましょう。

ちょっと勇気が要りますが、決まるとテニスに自信も生まれる。

初心者の方でもぜひ、チャレンジして欲しい技術です。

 

ボールの横を触る、為にはまず「横向きを作る」ことが必要ですね。

正面向きだと、ボールの横を触ろうにもボールを引き付けることが出来ない。

ゆっくりしたストロークのボールをボレーするときには、しっかり肩を入れて引き付けること。

深いボレー、に組み合させたアングルボレーは試合で使えるので、どんどん打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  2. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える

    どうやっても、ボレーが上達しないで悩んでいる人。ストロークには…

  3. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

    試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。でも、ロ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

  5. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

    ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。男…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
  2. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  3. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?
PAGE TOP