テニス 客観視

戦術

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

相手の得意ショットは、なるべく避ける。

これがテニスの試合の鉄則ですが、避けてばかりだと・・・どうでしょう。

相手にプレッシャーを与えるまでには、ならない。

だからこそ、この意識が試合では大事になります。

 

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

 


 

1.相手の「自信」を削ぐには、何が出来る?

試合で相手にプレッシャーをかける。

「もう、この試合嫌だ・・・」と思わせるには、何が出来るのか。

それは、得意なショットを攻略する、に限る。

強い相手ほど、自分の得意ショットを中心にした組み立てを考えていますから、早くから相手に対応されると辛い。

もし、アナタが試合の中で相手の得意ショット、得意そうなプレーを見つけたら、その攻略の為に罠を張りましょう。

 

2.どんな攻撃にも、その「裏」がある

テニスに、完璧なショットは無い。

どんなに優れたプレーも、その逆のショットで対抗することが出来るのがテニスです。

ネットプレーが凄いなら、しっかりロブと足元のショットを使う。

ストロークの攻撃力が凄いなら、打点を落とすスライスや、前に引っ張り出すドロップショットを使う。

相手に打たれたボールで攻略しようとすると・・・それって結構、リスク高いですよね。

相手に打たせる前から、得意なゾーンに持ち込ませない。

強い相手ほど、感じてくれるはずですよ。

「あ、この相手俺の得意なプレー、分かってるな・・・」と。

 

3.どうしてもしんどいときには、一球でも多く触る!

でも、やっぱり厳しいときもある。

ストロークの調子が良くてガンガン打たれる、ときにはまず触ること。

触り続けること。

一球でも多く返球する、という意識も立派な「攻撃」であると意識しましょう。

ポイントを失っても、攻略しようとしている。

こういうプレーが、試合の後半で効いてきます。

粘るということ、それ自体でも相手にプレッシャーをかけて攻略の糸口になるのがテニス、です。

 

攻略するのに、難しい戦術は必要ありません。

観察眼と、自分の中での飛び道具的な武器。

これをしっかり磨いておけば、ほとんどの選手の武器を攻略することは出来るでしょう。

自信を削いで、そこからジワジワ料理していく。

テニスの試合、強い人はこんな感じで考えている、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?

    テニスの試合で、アナタ自身がボールを打つ。そこで、打つコース…

  2. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される

    どんなスポーツにも、共通すること。そして「試合が上手い」選手が…

  3. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

    試合の中で、ガシャっとなってしまう。ラケットのフレームに当た…

  4. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  5. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力

    試合で自分の実力を発揮する。これが問われるのは、本当に試合の…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう

    テニスの試合、強い相手をなぜ強いと感じるのか。それって、「これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  2. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
PAGE TOP