テニス ストローク

ストローク

両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸ばす」ことで解決できる!

錦織選手も得意とする両手バックハンドストローク。

スピードもパワーもしっかりボールに伝わっていて、少しフラット気味でもしかりスピン回転がかかってコートに落ちて入る。

男性でも女性でも、両手バックハンドを武器にしている方は多いと思いますが、一段レベルアップするには「利き腕では無い方の腕」の使い方が大事。

プロ選手で参考に出来る部分、それはしっかり肘が伸びていること。

打ち終わりでこのイメージがあると、パワーもコントロールもアップして試合でより効果的に使えるでしょう!

 

両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸ばす」ことで解決できる!

 


 

■曲げた状態から伸ばしていくことで、ボールにパワーを伝えられる!

肘は最初、少し曲げた状態から準備します。

肘と肩、グリップで5角形を作るようにしてテイクバックして、打点に向かって振っていくときに、肘が伸びる。

右利きの方であれば、左腕の肘がしっかり伸ながらボールを打てると、パワーが格段にアップします。

最初から伸ばしておくのではなく、あくまで曲げた状態から伸ばしていく、のがポイント。

 

■打ちたい方向に伸ばしていくから、コントロール性もアップする

打ちたい方向にラケットを出していく、というのが基本。

これは両手バックハンドにおいては、利き腕ではない、後ろ側の腕で行うと安定感がアップします。

しっかり前に出していく動きは、肘を伸ばすことで解決するはず。

コントロール性は肘の使い方でアップできるので、ぜひ実践してみて下さい。

■フィニッシュのイメージは、ラケットがしっかり前に出て肩で終わること

しっかりラケットを前に出していって、その後に肩でフィニッシュする。

あくまで、スィング全体は下から上に振っていくようにイメージして打ちましょう。

身体が前に突っ込んだりしないように、肘は前に出していくけれども、バランスは崩さないように。

錦織選手のバックハンド、参考に出来る部分はどんどん盗んでいきましょう!

 

プロ選手の技術、どこまで真似をすれば良いのか・・・というのは、よく聞かれます。

結論で言えば、まず何でもやってみて良いと思います。

私自身、バックハンドは片手で打っていますが、この打ち方だと両手でもすぐに適応できて、攻撃もしやすい。

特にダウンザライン方向へのストローク、各段に打ちやすくなると思います。

肘を伸ばしながら打ってみるバックハンド、ぜひ試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

    高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

特集記事

  1. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう
  2. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  5. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
PAGE TOP