メンタル

修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

目次

技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。

メンタルの問題?どこか、原因はハッキリしないけど試合になると勝ち切れない人、多いと思います。

たくさん相談を頂いて私なりに考えているのですが、そういえばこんなことを考えていたことが多かったです。

安全勝ち、を誰しもがしたい。

でも、なかなか試合ってそうじゃないですよね。

相手だって、必死に戦いに挑んで来る訳ですから。

 
 

危ないところを、避けていないか?

無難に試合をして、勝てる?

相手とラリーをしながら、綺麗なポイントを狙う。

セオリー通りに戦って、相手を崩す。

もちろん、そういう試合をしたいと誰もが思って試合に入ります。

でも、実際はどうですか?

もっともっと、テニスの試合って泥臭く、心理戦が占める割合が多い。

だから、無難に試合なんて出来ないですよ。

危ないところに、踏み込んでいこう

相手が待っていないようなところ、警戒していないようなところ。

あえて身体の正面を突いたり、相手のチャンスでポーチに出てみたり。

こういう、危ない橋を自分から進んで渡れる人が、試合でも結果を出していくんです。

みなさんも、試合で結果を出したいなら、安全勝ちなんて望まないこと。

危ないところに、自分から踏み込んでいくからこそ、望む結果が得られるんです。

避けていると、真実が見えない

実際に、危ないところを避けても試合は出来ます。

でも、真実からは遠ざかっていく。

それだけの話です。

みなさんが一歩、前に出て相手の懐に踏み込んでいければ、相手だって本性を現す。

それが、みなさんの試合の勝利への鍵になるんです。



勝った試合は、どんな印象で終わる?

相手のことが、理解出来ている

みなさんも、思い出してみて下さい。

勝てた試合、相手のことがよく理解出来て終わっているような感じ、ありませんか?

「今日はこういう相手だったな」と、自分の中で納得が出来ている。

それは、きっと相手の本性を出させたから、です。

アナタ自身がしっかり踏み込んで、危ないところに入っていって、相手を知ることが出来た。

こういう試合は、ほとんど勝てているはずなんです。

負ける試合は、相手が分からないまま

になっているはずです。

「今日の相手は、よく分からなかったな…」という印象で、終わっている。

アナタ自身が、無難に試合をしてそのまま負ける。

こういう試合が、ほとんどでしょう。

それは、みなさんの実力が不足している、というより勇気が足りなかった感じ。

だから、ちょっとの意識で変わります。

危ないところ、それこそ相手にやられるかもしれない、というところに、自分から踏み込んでいかないといけないんです。

踏み込めば、真実が見える

テニス以外も、一緒じゃないですか?

確かに、修羅場は怖い。

相手の本音を聞き出す、本性を見せてもらうのは、怖いですよ。

でもそれを避け続けていると、ずっと真実からは遠ざかる。

自分の想定の中だけ、都合の良い解釈の中だけで生きるようになってしまう。

それでは、試合も勝てないし人生だってつまらない。

みなさんは、どう思いますか?

   

あとは、決めの問題

どういうスタンスで、試合をするのか?

あとは、みなさん次第です。

少し相手を刺激して、危ないところに踏み込んでいくか。

遠くから、当たり障りのないテニスをするのか。

どっちを選ぶかは、みなさん次第です。

ただ、試合に勝ちたいなら。

どうしても結果が欲しいなら、私はもう決める方向性は見えていると思いますよ。

本性を出すことは、怖い?

みなさん自身、どうですか?

試合で自分の本性を出す。

これは、怖いことですか?

確かに、私自身も怖い、怖かったです。

でも、それも出してみないと分からない、良い方に作用して強くなれる試合だってありました。

相手の本性を暴きたいなら、自分だって同じ。

真実から遠ざかることを避けていては、成長だって鈍化するんです。

テニスの試合は、修羅場の連続

お互いに勝ちたい、本気の試合なら。

修羅場の連続ですよ、試合の序盤から。

でも、そこでみなさんは楽しめるかどうか、が大事じゃないですか。

危ないところに、あえて飛び込んでみようとする勇気を持って、試合を楽しめるかどうか。

相手の本性に触れて、自分も本性を出してみる。

試合に勝ちたいなら、何も恥ずかしがる必要は無いでしょう。

だから、試合って楽しいんですよ。



ちょっと踏み込めば、世界が変わる。

それがテニスの試合、です。

相手を知ろうと思えば、多少のリスクは負っていかないと。

大丈夫、その負ったリスクの分だけ、アナタは成長していきますから。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. Note はじめました
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. メンタル

    テニスの中に、好き嫌いを作ろう

    みなさんは、こんな意識でプレーや練習をしてませんか?「苦手な…

  2. メンタル

    後悔を糧に、生きろ

    みなさんは、「後悔していること」ありますか?私は、あります。…

  3. テニス 準備

    メンタル

    「楽な初戦」は、アナタにとってマイナスな要素にしか成り得ない

    アナタがもし、テニスのトーナメント大会に出場しているなら、肝に銘じてお…

  4. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく

    今、自分がテニスをしている環境は、どうなのか。そして、そこに自…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話
  2. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない
  3. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  4. テニス 準備

    メンタル

    勝っていようが負けていようが、自分の中で「変えない作法」はあるか?
  5. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点
PAGE TOP