テニス 名著

その他

説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

みなさんの周りにも、「この人は、説得力あるな・・・」という人、いますよね。

そういう人は、いつも自信があって良い感じの雰囲気、きっと試合にも勝てるような感じもある人でしょう。

でもそれって、どうして生まれてくるのか。

逆に言えば、「説得力がない人」って、なんで無いんだろう?

そう考えると、テニスで重要なことも見えて来る。

私はそう思います。

少し手前味噌な内容ですが、このT-PRESSが意識していることでもある。

ぜひ、みなさんも自分の普段の会話、コミュニケーションと照らし合わせて、読んでみて下さい。

 

説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

 

1.「誰も反論できないような正論」に、価値は無い

私は、こう思います。

いや、実際記事でこういうこと、書いていることも多いんですけどね・・・。

正義の旗をもろ手で振りかざしたって、誰も振り向いてはくれない。

正論だけで世の中成り立っているなら、それは人間社会では無いでしょう。

誰も反論できないことって、言ったところで何も響かない。

「そりゃそうだけどさ」で終わりますよ。

つい、私たちは反論されるのが怖いので、この無意味な正論ばかりに身を寄せがちなんですけどね・・・。

意識したいのは、「自分でリスクを負う」ということです。

 

2.全員は成功しないこと、に本当の価値がある

例えば、私が更新している記事の中にも、まずもって「全員は出来ないだろうな」ということがほとんどです。

じゃないと、書けないですよ。

私自身の経験で、良かったと思うこと。

それは実は、テニスの基本と呼ばれるものから逸脱しているものが多い。

突飛なアイデアや、奇策、時には邪道と呼ばれるものだってたくさんあります。

もちろん、ルールは守りマナー違反はしない、中での話ですが。

テニスの基本、を意識していたら、何も説得力なんて生まれない。

だって、それはみなさん自身も聞いたことがある、調べれば分かること、ですからね。

 

3.テニスの基本、は「否定されない正論」で塗り固められている

私がもし、テニスの基本の教科書、を作る立場なら、そうします。

と言うか、それしか出来ないんですよ。

「テニスの基本」を作るうえで、一番怖いことって・・・何だか分かりますか?

それは、「これが正解なんですよ、こうしましょう」と書いたことが、否定されること。

やってみたけど、全然上達しないこと、でしょう。

だって、「基本通りにやったけど、上手くいかない」のはおかしい、となりますからね。

だから基本って、怖いんです。

誰からも否定されないように、無難に浅く、表面上のことしか決められない。

でも、テニスの試合に勝とうと思ったら・・・それだけだと、足りないですよね。

 

4.自分の中に、「毒」を持とう

これも、書けば必ず数件「けしからん!」と言われるテーマなんですが・・・。

自分の中に、毒を持つことは大事です。

つまりは人と違う、特殊な部分、周りから見ると稀有に映る、そして使い方を間違えれば自分をも苦しめてしまうような毒、を持つということ。

それが、テニスを強くなるということにつながると思いますよ。

リスクを負うって、こういうことです。

自分が苦しむかも知れない、ということをあえてやる、持つ、試合で実践していく、とうことです。

それが出来ない、怖いという人は、自分以上の相手には勝てない。

トーナメントを勝ち抜いていくのも、難しいでしょう。

 

5.周りから「どう思われるか?」を考えない、時も大事

本気で話そうと思えば、そうなります。

相手がどう思うのか?を考えて話すと、説得力は生まれない。

毒をぶつける、くらいの意識があっても良いでしょう。

自分も苦しむかもしれない、でも必要だと思うことを伝える、ときに説得力って生まれるんです。

アナタ自身、もし周りに自分の意図が伝わっていない、パートナーとの関係も薄い・・・ようなときって、こういう考え方、が必要かも知れません。

周りや相手から、どう思われるのか?を、考えない時も大事。

アナタ自身、自分で考えてみて下さいね。

 

説得力のある文章。

私はずっと書けているか疑問でした。

でも、自分で「これだ!良い感じで書けた!」というときには、良い感じの「毒」があるんですよね。

万人受けを狙った内容って、やっぱり自分でもイマイチ説得力が無い。

最後になりましたが、こんな感じでこれからもT-PRESSは更新を続けていきます。

賛否両論、時に私がみなさんを傷付け、私が傷付くこともあるでしょう。

でも、それでこそ人間と人間。

ネットを通じての文章ですが、私はみなさんと血の通ったコミュニケーションを、これからも継続していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ミス
  2. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

    ちょっとした仕草で、その人のテニスの技量や意識、は表に出ます。…

  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  6. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう
  4. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
PAGE TOP