テニス メンタル

メンタル

大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。

成長することとは、変わることであると何度も書いてきました。

ですが、その決断をするうえで、今日は皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

 

大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

 


 

■周りの意見は大事だけど、決めるのは自分

アナタを支える、周りの人の意見やアドバイスは大事。

出来るだけたくさんの方と話して、色々なことを「変える」決断をしていくのは正しいこと。

ですが、最後に決めるのは当然アナタ自身。

大きな決断をするときに、アナタ自身が一番意識したいのは「それは本当に自分が決めたこと、やりたいことなのか?」ということです。

この覚悟さえあれば、どんな決断であっても必ず正解と言えるはずです。

 

■周りの目を気にしないのは無理、という意識も大事

私自身、昔は周りの目ばかり気にしていました。

バックハンドを両手から片手に変えた時にも、「なんだあいつ、調子乗ってんじゃないのか?」と思われるのが嫌で恥ずかしかった。

ネットプレー主体のプレーに変えたときにも、「また出来もしないことを始めてるよ・・・」と思われているのは、分かっていた。

大事なのは、周りの目を気にしない・・・というのは無理だと諦めること。

この諦めがつくと、実は優先順位を冷静に判断出来る。

そう、「周りからどう思われるか?」という点は、優先順位を下げてあげれば良いんです。

 

■周りからどう見られるか、はアナタの言い訳になっていく

人は弱い生き物です。

いつでも言い訳を探す、上手くいかないときには理由を探してそこに押し付ける。

「周りの目が気になったから・・・」という理由で、何かを出来なかった、失敗した・・・というのって、悲しくないですか?

確かに気になった部分はあっても、一番の決断の理由は自分の判断、テニスを強くなって試合に勝ちたいという大目的だったはず。

ここがぶれない為には、言い訳になりがちな周りの目、意見というものと決別しないと。

アナタ自身のテニス人生。

間違ったと思ったら、また軌道修正すれば良いじゃないですか。

そこをグチャグチャ言ってくる人は、結局自分は何も出来ない人な訳ですから。

 

集団で練習している、活動しているテニスって、難しい。

飛び出さないと変われない部分はあるし、飛び出し過ぎても難しい部分はある。

でも、一度大きく飛び出してみること、出来るだけ若い時期に経験することをオススメします。

迷ったとき、壁にぶつかったときには、きっと成長のヒントがそこにある。

周りの人の目、だけで自分の決断を下していく選手にだけは、ならないで欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

    今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?「環境は恵まれ…

  2. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

特集記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  3. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打…
  4. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
PAGE TOP