テニス メンタル

メンタル

テニスについて大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を一番の判断材料にしてはいけない

環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。

成長することとは、変わることであると何度も書いてきました。

ですが、その決断をするうえで、今日は皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

 

テニスについて大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を一番の判断材料にしてはいけない

 

■周りの意見は大事だけど、決めるのは自分

アナタを支える、周りの人の意見やアドバイスは大事。

出来るだけたくさんの方と話して、色々なことを「変える」決断をしていくのは正しいこと。

ですが、最後に決めるのは当然アナタ自身。

大きな決断をするときに、アナタ自身が一番意識したいのは「それは本当に自分が決めたこと、やりたいことなのか?」ということです。

この覚悟さえあれば、どんな決断であっても必ず正解と言えるはずです。

 

■周りの目を気にしないのは無理、という意識も大事

私自身、昔は周りの目ばかり気にしていました。

バックハンドを両手から片手に変えた時にも、「なんだあいつ、調子乗ってんじゃないのか?」と思われるのが嫌で恥ずかしかった。

ネットプレー主体のプレーに変えたときにも、「また出来もしないことを始めてるよ・・・」と思われているのは、分かっていた。

大事なのは、周りの目を気にしない・・・というのは無理だと諦めること。

この諦めがつくと、実は優先順位を冷静に判断出来る。

そう、「周りからどう思われるか?」という点は、優先順位を下げてあげれば良いんです。

 

■周りからどう見られるか、はアナタの言い訳になっていく

人は弱い生き物です。

いつでも言い訳を探す、上手くいかないときには理由を探してそこに押し付ける。

「周りの目が気になったから・・・」という理由で、何かを出来なかった、失敗した・・・というのって、悲しくないですか?

確かに気になった部分はあっても、一番の決断の理由は自分の判断、テニスを強くなって試合に勝ちたいという大目的だったはず。

ここがぶれない為には、言い訳になりがちな周りの目、意見というものと決別しないと。

アナタ自身のテニス人生。

間違ったと思ったら、また軌道修正すれば良いじゃないですか。

そこをグチャグチャ言ってくる人は、結局自分は何も出来ない人な訳ですから。

 

集団で練習している、活動しているテニスって、難しい。

飛び出さないと変われない部分はあるし、飛び出し過ぎても難しい部分はある。

でも、一度大きく飛び出してみること、出来るだけ若い時期に経験することをオススメします。

迷ったとき、壁にぶつかったときには、きっと成長のヒントがそこにある。

周りの人の目、だけで自分の決断を下していく選手にだけは、ならないで欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  3. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが…

    強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、あり…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

    何度か書いて来ましたが、改めて。大事なことは、すみません、何度…

  5. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  2. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある
  3. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
  4. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない
  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
PAGE TOP