テニス 雪

メンタル

相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

サッカーワールドカップの試合を観ていると、勝ち切ることの難しさを感じます。

強豪国と言われる国でも、PK戦にもつれて最後に敗退、という試合は多いですよね。

強い相手に勝ち切ること、簡単ではないのはみなさんも経験済なはず。

テニスの試合でも、強い相手に最後、諦めてもらうことが大事なんです。

 

相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

 


 

1.競った試合に持ち込む、ところから全ては始まる

もちろん、テニスの試合でも基本は同じ。

守り重視で、競った試合に持ち込んでいくこと、がまず大事になります。

強い相手、格上の選手はアナタのような相手が大好物、かもしれません。

自分の攻撃的なテニスを貫けて、6-2くらいのスコアで勝つことをイメージしながら、最初から突き放しに来るでしょう。

まずはしっかり、ラリーをする。

相手を恐れず、前に出るポイントを作る。

恐れない姿勢で、しっかり向き合うところから、が大事です。

 

2.リードを奪っても、全く安心できない

テニスの試合では、ここで満足してしまう人が多い。

勝ちたいと思っていても、リードして良い試合が出来てるだけで、満足してしまう。

この経験、きっとみなさんもあるはず。

「ダメだ、このままじゃ絶対、ダメなんだ」と強く思えるかどうか、がこの先につながるかどうかの鍵です。

なぜなら、相手は全く諦めてはいないから。

少しの差なら、ギアを上げていけば挽回出来る、と思っているはず。

その希望、を最後に打ち砕かないといけない、のがアナタの仕事。

この中押し、が出来るかどうかが、格上の強い選手を倒せるかどうかの最大のポイントなんです。

 

3.リードされたら、強い選手でもそこまでリスクは追えない

アナタ自身が中盤でリードして、4-3くらいのゲームカウントになる。

この時、相手はどんなことを考えるのか。

「危ないことはせず、正攻法で押していこう」と思うはずなんです。

つまり、ミスが怖いのは相手側。

だからこそ、中押しには私は積極策が必要だと思っています。

相手は、正攻法で来る。

だからこそ、アナタ自身がリターンダッシュやネットプレーを入れて、「普通のプレーは、させないよ」というメッセージを送ってみる。

そうすることで、相手はきっと慌ててくれるはずです。

負けているのに、リスクを取っていかないといけないのは辛いですから。

リードして動かないと、そのままの逆転は目に見えている。

中押しの意識、試合では絶対に大事です。

 

4.相手の希望を奪う、ことがテニス選手としての仕事

相手の、少しの希望を奪っていく。

「もう、この試合は終わりにしよう」という言葉、をネット越しの相手にかけてあげる。

これが、アナタ自身に必要な仕事なんです。

少しの反撃の芽も、相手に与えない。

それくらい覚悟を持って、相手から希望を奪うこと。

スーパーなショットなんて、要りません。

必要なのは、アナタ自身の覚悟です。

 

相手は、必死で最後まであがいてくる。

でも、その希望を摘み取っていく。

中押しで、絶望を与える。

理想ばかり並べたかもしれませんが、アナタ自身が良い勝ち方が出来ている時には、こんな感じでしょう。

しっかり自分の中で、体系化して強くなりましょう。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

    試合って、ほとんど初対面の人と打ち合いますよね。相手が気になる…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない

    試合の中で、自分で勝手に自分のショットを評価する人。それも、大…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  6. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねり…
  3. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
  4. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  5. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策
PAGE TOP