テニス 雪

メンタル

相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

サッカーワールドカップの試合を観ていると、勝ち切ることの難しさを感じます。

強豪国と言われる国でも、PK戦にもつれて最後に敗退、という試合は多いですよね。

強い相手に勝ち切ること、簡単ではないのはみなさんも経験済なはず。

テニスの試合でも、強い相手に最後、諦めてもらうことが大事なんです。

 

相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

 


 

1.競った試合に持ち込む、ところから全ては始まる

もちろん、テニスの試合でも基本は同じ。

守り重視で、競った試合に持ち込んでいくこと、がまず大事になります。

強い相手、格上の選手はアナタのような相手が大好物、かもしれません。

自分の攻撃的なテニスを貫けて、6-2くらいのスコアで勝つことをイメージしながら、最初から突き放しに来るでしょう。

まずはしっかり、ラリーをする。

相手を恐れず、前に出るポイントを作る。

恐れない姿勢で、しっかり向き合うところから、が大事です。

 

2.リードを奪っても、全く安心できない

テニスの試合では、ここで満足してしまう人が多い。

勝ちたいと思っていても、リードして良い試合が出来てるだけで、満足してしまう。

この経験、きっとみなさんもあるはず。

「ダメだ、このままじゃ絶対、ダメなんだ」と強く思えるかどうか、がこの先につながるかどうかの鍵です。

なぜなら、相手は全く諦めてはいないから。

少しの差なら、ギアを上げていけば挽回出来る、と思っているはず。

その希望、を最後に打ち砕かないといけない、のがアナタの仕事。

この中押し、が出来るかどうかが、格上の強い選手を倒せるかどうかの最大のポイントなんです。

 

3.リードされたら、強い選手でもそこまでリスクは追えない

アナタ自身が中盤でリードして、4-3くらいのゲームカウントになる。

この時、相手はどんなことを考えるのか。

「危ないことはせず、正攻法で押していこう」と思うはずなんです。

つまり、ミスが怖いのは相手側。

だからこそ、中押しには私は積極策が必要だと思っています。

相手は、正攻法で来る。

だからこそ、アナタ自身がリターンダッシュやネットプレーを入れて、「普通のプレーは、させないよ」というメッセージを送ってみる。

そうすることで、相手はきっと慌ててくれるはずです。

負けているのに、リスクを取っていかないといけないのは辛いですから。

リードして動かないと、そのままの逆転は目に見えている。

中押しの意識、試合では絶対に大事です。

 

4.相手の希望を奪う、ことがテニス選手としての仕事

相手の、少しの希望を奪っていく。

「もう、この試合は終わりにしよう」という言葉、をネット越しの相手にかけてあげる。

これが、アナタ自身に必要な仕事なんです。

少しの反撃の芽も、相手に与えない。

それくらい覚悟を持って、相手から希望を奪うこと。

スーパーなショットなんて、要りません。

必要なのは、アナタ自身の覚悟です。

 

相手は、必死で最後まであがいてくる。

でも、その希望を摘み取っていく。

中押しで、絶望を与える。

理想ばかり並べたかもしれませんが、アナタ自身が良い勝ち方が出来ている時には、こんな感じでしょう。

しっかり自分の中で、体系化して強くなりましょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で苦しい時に、「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスのトーナメント大会で、「楽な初戦」はアナタにとってマイナスな要素にしか成り得ない

    アナタがもし、テニスのトーナメント大会に出場しているなら、肝に銘じてお…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い

    テニスの能力差、にばかり目がいって気にしてしまう。私が思うのは…

  4. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?

    秋は団体戦の季節。高校生では選抜予選、各地域のテニス協会主催で…

  5. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から全ては始まる

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備してお…
PAGE TOP