テニス 客観視

戦術

学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えること」に集中しよう!

「重いボールを打つには、筋力トレーニングだ!」

と思い立って、頑張っている学生や社会人の方、多いと聞きます。

社会人やベテランの方も、筋トレの意識が高い方多いですよね。

その意識はすごく大事ですが、あくまでテニス選手としての意識は忘れないでおきましょう。

 

学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えること」に集中しよう!

 


 

■鍛えることが目的になってはいけない

あくまで、テニスの実力を上げて試合で勝てるような身体に変えていく。

これが目的であり、ぶれてはいけません。

筋トレは目に見えて効果が見えやすいので、テニスの上達よりもそっちにはまりやすい方が多い。

特に男性。

なかなか上達しないテニスよりも、身体作りが目的になってしまうような方、実際に多いです。

大事なのは、鍛えた体をどう使うか。

そうなると、大事なのはこの視点です。

 

■「ボールに力を正確に、100%」伝えたいのがテニス

テニスの試合は長い。

何球もボールを打ち続けても、披露しないような身体であり打ち方にしたい。

ボールにしっかり、自分の力を伝えていくこと・・・の意識は、皆さんどうでしょうか?

ボールを目一杯強く叩いても、それが相手にとって「重い、苦しい」ボールになっていないと試合では意味が無い。

しっかり、自分の力をボールに伝えようと思うと、キーワードはやはり「打点」です。

 

■なぜ、打点は「前」でないといけないのか?

サーブ、ストローク、ボレー・・・基本的に打点は身体の前。

この前の打点、「なぜ?」という視点、疑問を持つことが大事。

私なりの答えは、「ラケットがしっかり加速して、力をもっている状態」でボールに当てるため、です。

ラケットは動かし始めから、徐々に力を帯びて加速、その加速が強まったときにボールに当たると、力が伝わりやすい。

テニスでは、打点を前に取らないとボールに力を伝えられない。

動かし始める筋力、動けるフットワーク、もちろん筋トレや持久力を鍛えるトレーニングはすごく大事。

ですがまずは、「今の自分の力を、しっかりボールに伝える」ことに集中して、意識してみましょう。

これが出来ないと、パワーを付けても活かし切れませんので。

 

本当に力が上手くボールに伝わったとき、どんな感触か?

私なりには、「あれ?今空振りした?」っていうくらい、ボールを打った感覚が無い。

腕にも重さも残らないし、感触だけ残る。

そんなショットが続けて打てると・・・試合では疲れにくい。

腕の怪我も減る。

ボールへの力の伝え方、この機会に考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  2. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?

    テニスの試合で、アナタ自身がボールを打つ。そこで、打つコース…

  3. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  4. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

    「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。言葉の意…

  6. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

    当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。自分がどんなに良…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  2. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事
  3. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  5. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?
PAGE TOP