テニス 客観視

戦術

学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えること」に集中しよう!

「重いボールを打つには、筋力トレーニングだ!」

と思い立って、頑張っている学生や社会人の方、多いと聞きます。

社会人やベテランの方も、筋トレの意識が高い方多いですよね。

その意識はすごく大事ですが、あくまでテニス選手としての意識は忘れないでおきましょう。

 

学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えること」に集中しよう!

 


 

■鍛えることが目的になってはいけない

あくまで、テニスの実力を上げて試合で勝てるような身体に変えていく。

これが目的であり、ぶれてはいけません。

筋トレは目に見えて効果が見えやすいので、テニスの上達よりもそっちにはまりやすい方が多い。

特に男性。

なかなか上達しないテニスよりも、身体作りが目的になってしまうような方、実際に多いです。

大事なのは、鍛えた体をどう使うか。

そうなると、大事なのはこの視点です。

 

■「ボールに力を正確に、100%」伝えたいのがテニス

テニスの試合は長い。

何球もボールを打ち続けても、披露しないような身体であり打ち方にしたい。

ボールにしっかり、自分の力を伝えていくこと・・・の意識は、皆さんどうでしょうか?

ボールを目一杯強く叩いても、それが相手にとって「重い、苦しい」ボールになっていないと試合では意味が無い。

しっかり、自分の力をボールに伝えようと思うと、キーワードはやはり「打点」です。

 

■なぜ、打点は「前」でないといけないのか?

サーブ、ストローク、ボレー・・・基本的に打点は身体の前。

この前の打点、「なぜ?」という視点、疑問を持つことが大事。

私なりの答えは、「ラケットがしっかり加速して、力をもっている状態」でボールに当てるため、です。

ラケットは動かし始めから、徐々に力を帯びて加速、その加速が強まったときにボールに当たると、力が伝わりやすい。

テニスでは、打点を前に取らないとボールに力を伝えられない。

動かし始める筋力、動けるフットワーク、もちろん筋トレや持久力を鍛えるトレーニングはすごく大事。

ですがまずは、「今の自分の力を、しっかりボールに伝える」ことに集中して、意識してみましょう。

これが出来ないと、パワーを付けても活かし切れませんので。

 

本当に力が上手くボールに伝わったとき、どんな感触か?

私なりには、「あれ?今空振りした?」っていうくらい、ボールを打った感覚が無い。

腕にも重さも残らないし、感触だけ残る。

そんなショットが続けて打てると・・・試合では疲れにくい。

腕の怪我も減る。

ボールへの力の伝え方、この機会に考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

    対戦相手で、アナタはどの程度特徴を掴んでいるでしょうか?タイプ…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  4. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  5. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  6. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる
  2. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識
  3. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  4. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
PAGE TOP