メンタル

コードボールは、アンラッキー?

テニスの試合、ラリー中にネットに当たって相手コートに入る。

これは、ラリー継続ですよね。

サーブなら打ち直しですが、ラリーになってしまった後はネットインはコードボール、そのままラリー継続になります。

試合に出ている方は、1試合で1回くらいはこういう場面あるんじゃないでしょうか。

そこで、どう考えますか?

「コードボールなんてアンラッキーなんだから、どうしようも無い…」と思う方が多いと思います。

でも、これだけは言わせてください。

そういう人って、まず試合に勝ち辛いです。

諦める人は癖になってる

コードボール、つまりネットに当たった瞬間に、どこか諦めてしまう人いませんか?

もちろん、ベースラインにいてシングルスなんかでは、どう考えても間に合わないケースもあります。

でも、ダブルスならどうでしょう?

前衛にいれば、結構触ることができると思うんですよね。

慌てないで、冷静に対応できればそこまでピンチにならないケースも多い。

コードボールで自分のコートに入る=即悪い状況、とは限りません。

これを勝手に決めつけたり、「コードボールだから失点も仕方ない」と考えている人は、それだけで損します。

損するだけじゃなくて、癖になって成長が止まってしまうんですよね。

試合に強い人は、よくその辺りが分かっている。

コードボールが絡んだポイントを取れば、試合の流れも良くなる、自分に勝利が近づくことを。

入るコードボール、入らないコードボールはある!

そもそも、ここを確認しておきましょう。

コードボールは、運じゃない。

例えばしっかり押しの効いたボールなら、ネットに当たってもそれを越えて相手のコートに入る場合が多い。

ダブルスだとネットプレーも増えると思いますが、それに対抗するとやはりボールの軌道は低くなりますよね。

ですから、「当然のようにコードボールも増える」と考えておくのが自然です。

ネットの白い部分に何度も当たる、これが生まれてくるのがダブルスですから。

そこにどういう軌道と強度で当たるのか、コードボールの行く末は運じゃない。

みなさんも、言われてみれば経験ないですか?

自分が打ったボールがネットインする、でも確かな手応えがあるから「コードボールになっても入る自信があった」と言えるようなボール、打ったことが必ずあるはずです。

だからこそ、入っても慌てない。

もちろん、手を挙げて相手にごめんね、くらいはしますけどね。

でも、この謝る動作の中にも大事な意味があると、私は思います。

謝るけど「当然」な雰囲気

私が審判をしているときも、感じたことがあります。

試合に強い人って、コードボールが入ることがもう分かってるんですよ。

自分が打ったボールがネットインする、謝る、この動作がすごく「当然」のようになる。

あからさまに謝るのではなく、「ネットインでごめん、でも今のは想定内なんです」という言葉が聞こえてくるような気がします。

読者のみなさんも、これくらいの余裕というか雰囲気が欲しい。

ネットインをしてもされても、慌てない。

謝る動作まで、一連の流れでポイントの中で身に付いている。

コードボールに対しての態度が、自分の中で確立されている。

そういう人って、やっぱり試合に強いんですよね。

「あのポイント、もしネットインが無ければな…」なんて思わない。

あくまで試合の中で起こりうること、そして運ではないということを理解している。

いや、こうやって書いていても実際の試合では大変ですけどね。

でも、何度も言いますがやっぱりコードボールって運じゃないんですよ。

だってネットは動かないし、いつも一定の高さで平等な障害物な訳ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

    「あー、ミスった!」と言って、悔しがる風景、試合でも練習でもよ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  5. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  3. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道
  4. テニス テニススクール

    テニススクール

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?…
PAGE TOP