ボレー

テニスに必要な「反対の動き」

反射的に出てしまう動き、これには必ず癖があります。

癖、と言ってもそれは「反射的に自分の身体を守る」ような意味合いが強いと思います。

相手が攻撃してくる場面では、それそ防ぐように手を出しますよね。

テニスの試合なら、ラケットでしょうか。

ここで一つ、意識しておきたいポイントがあります。

それは、テニスにはあるモノ、が存在するということ。

その存在を意識してうまく使いこなせれば、テニスに必要な効率的な動きが身につくはずです。

両者に平等にネットはある

そう、テニスコートにはネットがありますね。

センターは91.4cmの高さ、これはネットを挟んだ両者にとって平等に設置されています。

だからこそ、このネットを「味方」にしたいんですよね。

ネットは自分を助けてくれる存在、そう思たらすごくテニスって楽なんです。

でも、具体的にどうすれば?と思いますよね。

「当たり前だと思っていること」に実は、大きな秘密があり価値がある。

何度も記事で書いてきたことですが、改めて強烈に意識することが大事です。

ネットという障害物を越えて相手コートにボールが飛ぶことはない、できない。

そう考えると、相手が打つ瞬間に「意識しなくて良いコース」が見えてきます。

例えば、相手が低い位置で打つなら…?

低い位置のストロークや、ローボレーのような場面。

これ、相手が打つ瞬間にみなさんは何を予測して構えますか?

まず大前提として、低い位置からネットを越えるにはボールを必ず「上方向」に打たないといけないですよね。

持ち上げる動作をしないと、低い位置から低い弾道で打ったら、ネットを越えません。

ネットより低い位置で打つ限り、一瞬ボールは上方向に飛んでいく。

つまり、ネットより低い位置には来ないと思って良い。

速いボールは足下には来ない、とイメージして予測できるはずです。

だから、どうするのか?

ラケットは少しだけ高い位置に構えて、相手が持ち上げてくるのを待ち構える。

相手が低い位置から打つなら、自分は高い位置で構える。

これだけで、かなりテニスの試合がやりやすくなるはずです!

その逆は…もう、分かりますよね

ではその逆は、どうでしょう?

相手が高い位置から打とうとしているなら?

そう、自分の足下にくる可能性が高いですよね。

ネットという障害物より高い打点で打ってくるなら、それより上方向に飛んでしまうとアウトする可能性も高い。

相手は攻撃的に、そしてアウトしないように低い方向に打ってくる。

相手がハイボレーで構えたら、少しだけ低い位置にラケットを調整する、予測する。

高い位置からは低い位置を狙われやすい。

この「反対の法則」をネットも加味して、考えてみるとすごく戦いやすくなります。

ネットは自分にとって味方、相手のボールを止めてくれる存在だと思っておけば、とっても頼もしいです。

「反対の動き」は、慣れれば自然と反応できるようになるはず。

相手が高いなら自分は低く、相手が低いなら自分は高く、をまず予測しておく。

ラケットを構える位置を意識するだけで、かなり返球率は上がると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

    ボレーでここぞ!という場面でミスが多い人。それはきっと、ボール…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  4. ボレー

    「延長線上」というキーワード
  5. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる
PAGE TOP