ボレー

ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定していないこと。

スピードを求め過ぎて下向きになってしまうと、まずコートに収まりません。

特にソフトテニス出身の方は、注意が必要です。

 

ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

 


 

■硬式テニスでは、ボレーは圧倒的に「つなぐ」ケースが多い

ソフトテニスの前衛はラケット面をフラット、または下向きにして相手コートにボールを叩きつけますが、硬式テニスは異なります。

ラケット面を上に向けて、スライス回転でつなげるケースが多いのです。

それでもプロ選手や上級者の方のボレーはスピードを感じてしまいますので、つい勘違いしがち。

基本はスライス回転がベースになっていることを理解しましょう。

 

■重いストロークほど下半身を使ってボールを運ぶという意識が大切

ネットプレーでは様々なシチュエーションが考えられますが、下半身の安定と目線を落とすことが大切です。

目線を落とせば、自然にラケットは顔の横当たりにセットされ、ボールに当たるときにも上向きを作りやすくなります。

「ラケット面を上を向けると、アウトしそう・・・」と考えてしまう方もいますが、そこはラケットを動かす軌道でカバー。

硬式テニスのボレーでは、しっかり打点に対して上か入って抑え込む意識が大切。

この「ラケット面を上向き」と、「上から入る軌道」が組み合わさって、良いボレーが出来上がっていきます。

 

■ラケットが下を向きやすいのは、身体が正面を向いているから

ボレーが苦手、苦手意識が強い人ほど、自分の打ったボールに自信が無いから結果を早くみたがる。

そして身体が正面を向いて、横向きを保てない傾向にあります。

そのときのラケット面、下を向いてしまっていませんか?

上向きを保たなければ、まずネットを越えませんしスライス回転がかかりません。

 

ボレーは「振らない」のではなく、上向きの面を作って上から少し振る、くらいの意識を持ちましょう。

実際にラケットが動いている幅は少なく、下半身を稼動させてボールを運ぶ。

ローボレーでもハイボレーでも、基本は同じです。

特にハイボレーもネットから遠い位置では、必ず上向きをキープして終われるように。

これだけで、だいぶ安定感が増すはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  2. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

    試合で使える、実戦的なショット。私は、このドライブボレーはぜひ…

  5. テニス 戦術

    ボレー

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

    ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
  2. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い
  4. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ
PAGE TOP