テニス ダブルス

ボレー

ポーチボレーを確実に決めるなら、〇〇もしっかり準備を!

ダブルスのポーチボレー、決まると一気に盛り上がりますよね。

ですが、ポーチに決定力が無い前衛にはある問題がある。

それは、ボレーの技術・・・だけじゃないんです。

ちょっとした視野の広さ、の問題なんです。

 

ポーチボレーを確実に決めるなら、〇〇もしっかり準備を!

 


 

1.ポーチに出るときには、「頭の中が固定」されている人が多過ぎ!

例えばアナタが右利きだったとして、デュースサイドからポーチに出ようとする。

そのときに、自然に「フォアハンドボレーで飛び込んでいく」ことで頭がいっぱいになってはいませんか?

もちろん、フォアボレーが打てれば理想ですが、実際の試合はそうでも無い。

正面に近いところに来るかも知れないし、もっと可能性が高いのは「通り過ぎてバックボレー」になること。

逆サイドでもしかり、ですよね。

この意識が全くない前衛の人、そりゃポーチボレーも上手くいかないですよ。

 

2.ポーチボレーも、相手が打つ瞬間には「どちらに来ても良い準備」を

当たり前ですが、ポーチボレーもどちらでも打てるように。

その為には、相手が打つ瞬間にはニュートラルな形で、しっかり観察するタイミングが欲しい。

ポーチボレーを苦手にしている人は、前衛のときに飛び込んでいくような意識が強過ぎ。

例え触れても、返球されるのが当たり前。

しっかり落ち着いて「通り過ぎた側の準備」が出来ていれば、おのずとポイントは獲れてくるでしょう。

 

3.もし、通り過ぎた側でのボレーになったら、落ち着いて後衛に返球

ベターな作戦としては、まず一旦相手の後衛に返球する。

自分の態勢に余裕があればドロップボレー、相手前衛の足元に打つのも有りですが、苦しければすぐに相手の後衛に深く返球。

その後は、まずポジションをどうするのかを素早く判断する。

私なら、センターラインを越えてポーチ、になっていたらそのままチェンジして後衛とサイドを入れ替え。

センターラインを越えていなければ、自分が動く前のポジションを戻す。

このメリハリ、をしっかり決めておくこと。

後衛とも事前に相談して決めておくと、中途半端な陣形にならなくて良いですよ。

 

ポーチに出るとき、なるべく頭は柔らかくしておく。

固まったイメージだと、そこから外れたときに対応出来ませんよね。

この危機感、アナタは前衛で持てているでしょうか?

結構勢いで誤魔化している人、怪しい人、多いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  3. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

    テニスの試合、相手が感情的になる試合。こういう試合、場面を、増…

  5. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
  2. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心…
  4. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている
  5. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
PAGE TOP