テニス ストローク

ボレー

チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について

決定力のあるボレー、さすがにネット近くでは決めていきたい。

粘りのボレーの重要性も書いてきましたが、当然、チャンスを詰めてしっかり決めることも大事。

今回は、ボレーの決定力について。

改めて、私が考える決定力についてまとめておきたいと思います。

 

チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について

 

1.コントロールは、ラケット面が基本

決定力のアップも、あくまでコントロール勝負。

これが大前提です。

そこで、「チャンスを決めよう!」と力んでしまうから上手くいかない。

ラケット面を作って、ボレーに適した反射角度を決める、それでボールを触る。

決定力のあるボレーは、角度を付けてコントロールされたボレー、というイメージがまず大事。

ダブルスでは、前衛がしっかり詰めていく。

狙いは、シングルスのサイドラインにバウンドさせる感じ、が理想。

このイメージを、まずはしっかり持っていきましょう。

 

2.力で打ち返すのではなく、相手の意表を突く

私は特に、これを意識しています。

相手の意表を突くから、決定力の高いボレーになる。

「そこで出て来たかー!」と言わせるように、自分から先回りしていく。

ボレーは、この突発性、リズムを変えることが最高の武器になりますからね。

チャンス、は待っていても自分のもとには来ない。

どんどん、自分から動いて「普通のボール」をチャンスに変えていかないと。

力で打ち返すボレーは、安定もしないし疲れる、ケガにつながるし良いこと無しですよ。

 

3.理想のボレーは、相手に「向かっていかない」ボレー

みなさんも対戦していて、「この相手ボレー、上手いなー」と思う球筋って、そうじゃないですか?

自分のいる場所、ではない方向に飛んでいく。

角度を付けたボレー、サイドライン方向に飛んでいく。

こういうボレーは、追うのも疲れるし、ベースラインからだとなかなか触れない。

決定力があるボレーは、相手を逃げるように軌道を描いていく。

このイメージで、ぜひ練習してみてください。

基本は、ネットに詰めてボールの横を触る。

チャンスボールだって、同じです。

パチン!とコンパクトに打って終わり、のボレーをイメージしていきましょう。

 

4.人の近く、は触られてしまう可能性がある

軌道を人、つまり相手の近くにしてしまうと触られる。

試合を見ていると、かなり力で押し込もうとしている人が多いですが、それで決まってますか?ボレー。

女子ダブルスでも、なかなか決まらないと思います、実際。

人は、手を出して触れる場所は何とか返そうと必死になる。

守備力を発揮させない為には、3.で書いたように相手に向かっていかない、確度を付けたボレーにしていかないと。

これが、アナタ自身大事なステップ、ですね。

 

きっと、試合で使えるボレーは、こういうボレー。

まずはアナタ自身、狙ってみましょう。

ミスしてもアウトしても良い、まず狙ってみないと始まらない。

相手に触られないことが、最高の決定力につながる。

ぜひ、ダブルスプレイヤーのみなさんは意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

  2. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

    相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  4. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く気付こう!

    テニスはメンタルや思考が、プレーに現れる。気付いていない人も多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面
  2. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いは…
  5. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている
PAGE TOP