テニス ストローク

ボレー

ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。

40代以上のベテランプレイヤー、並行陣主体、のダブルスの試合って4人でボレー戦になりがち。

こういう試合、ただつなぎ合うだけ、になりがちですよね。

そこをしっかり、打破していくには、発想を変えないと。

思い切ったコース取り、が必要だと思いますよ。

 

ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

 

1.ミスして終わりたくない、と思ってしまいますか?

まずは、ここをみなさん考えてみましょう。

自分がミスをして終わる、というポイントを作りたくない。

これは、特に女子ダブルスの試合はこの傾向が顕著です。

自分が決める、ミスをする、どっちも嫌・・・という方、多いんじゃないでしょうか?

この発想、もう卒業しましょう。

次の段階、に進んでいくには、こういう発想は障害になる。

この強い意志が大事です。

 

2.必要なのは、アングルボレー

ボレー戦、4人が前に出た状態で、アングルボレーを打つ。

この発想、勇気、ありますか?

技術が無い?

いや、その技術の前に、必要なことは・・・このアングルボレーの「必要性」を感じるかどうかです。

コートの端に打つ、ような発想をぜひ持って欲しい。

繰り返しますが、技術よりも大事なのは本人の強い意志。

意志があれば、「使うぞ!」という気持ちで待てる。

余裕があるからこそ、打てるんですよ。

 

3.アングルボレーが上手い人は、決断が早い

私も、これを意識しています。

4人でボレー戦、になったときに、「フォアボレーに来たら、アングルだな」と考えておく。

ボレー戦ですからね、相手が打ってから判断するなんて遅い、遅すぎる。

無理しようとして上手くいかない、またミスが怖くなって相手につなぐことしか出来ない。

相手の足下に無難に攻撃して、反撃される。

こういう試合は、もう変えていきましょう。

 

4.ネットに並行に打つ、のが本物のアングルボレー

角度を付ける、その角度。

ぜひ、みなさん高い目標を持って欲しい。

アングルボレー、出来るだけネットに並行に打つ。

ネットに近い位置、に詰めてこのアングルボレー、理想ですよね。

これは、しっかり先に決めておいてボールの横を触る。

積極的に、自分からラリーを動かしていく、試合を動かしていく。

こういう意識を、ぜひ40代以上の女子ダブルスの方には持ってプレーして欲しい。

練習から、意識していきましょう!

 

打ってみれば、さほど難しくないと思いますよ。

きっと、ミスを恐れている自分、が一番の敵ですね。

積極的に、展開していくこと。

ネットに詰めて、ネットに並行なアングルボレー。

ぜひ、4アップの段階でイメージして実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  2. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

    粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。テニスの試合では、いつも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる
  3. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  4. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る
PAGE TOP