テニス ストローク

ボレー

ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。

40代以上のベテランプレイヤー、並行陣主体、のダブルスの試合って4人でボレー戦になりがち。

こういう試合、ただつなぎ合うだけ、になりがちですよね。

そこをしっかり、打破していくには、発想を変えないと。

思い切ったコース取り、が必要だと思いますよ。

 

ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

 

1.ミスして終わりたくない、と思ってしまいますか?

まずは、ここをみなさん考えてみましょう。

自分がミスをして終わる、というポイントを作りたくない。

これは、特に女子ダブルスの試合はこの傾向が顕著です。

自分が決める、ミスをする、どっちも嫌・・・という方、多いんじゃないでしょうか?

この発想、もう卒業しましょう。

次の段階、に進んでいくには、こういう発想は障害になる。

この強い意志が大事です。

 

2.必要なのは、アングルボレー

ボレー戦、4人が前に出た状態で、アングルボレーを打つ。

この発想、勇気、ありますか?

技術が無い?

いや、その技術の前に、必要なことは・・・このアングルボレーの「必要性」を感じるかどうかです。

コートの端に打つ、ような発想をぜひ持って欲しい。

繰り返しますが、技術よりも大事なのは本人の強い意志。

意志があれば、「使うぞ!」という気持ちで待てる。

余裕があるからこそ、打てるんですよ。

 

3.アングルボレーが上手い人は、決断が早い

私も、これを意識しています。

4人でボレー戦、になったときに、「フォアボレーに来たら、アングルだな」と考えておく。

ボレー戦ですからね、相手が打ってから判断するなんて遅い、遅すぎる。

無理しようとして上手くいかない、またミスが怖くなって相手につなぐことしか出来ない。

相手の足下に無難に攻撃して、反撃される。

こういう試合は、もう変えていきましょう。

 

4.ネットに並行に打つ、のが本物のアングルボレー

角度を付ける、その角度。

ぜひ、みなさん高い目標を持って欲しい。

アングルボレー、出来るだけネットに並行に打つ。

ネットに近い位置、に詰めてこのアングルボレー、理想ですよね。

これは、しっかり先に決めておいてボールの横を触る。

積極的に、自分からラリーを動かしていく、試合を動かしていく。

こういう意識を、ぜひ40代以上の女子ダブルスの方には持ってプレーして欲しい。

練習から、意識していきましょう!

 

打ってみれば、さほど難しくないと思いますよ。

きっと、ミスを恐れている自分、が一番の敵ですね。

積極的に、展開していくこと。

ネットに詰めて、ネットに並行なアングルボレー。

ぜひ、4アップの段階でイメージして実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  4. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプ…
  3. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  4. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  5. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で
PAGE TOP