テニス テニスボール

メンタル

与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

試合で必要なメンタル。

練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間にか逆になってしまう。

これは、よくある話です。

部活でもサークルでもテニススクールでも、みなさんも気を付けないとすぐこうなってしまう。

いや、テニスだけじゃなくて日本のスポーツ環境って基本これ、なんですけどね。

 

与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

 

1.試合では、誰も課題を用意してくれない

試合って、そうじゃないですか。

「これをやりましょう」

「これを練習しましょう」

ということは、誰も言ってくれないし、用意してくれない。

自分で全て、決めていかないといけないんです。

練習の方が、すごく楽ですよね、基本。

与えられた環境で、与えられた練習をする。

これに慣れている限り、試合で強さが身に付かない、むしろ弱くなっていく。

この危機感が無い人は、結局練習に強くても試合で弱い。

大事なのは、アナタの意志です。

 

2.課題は自分から、前のめりに作っていこう

これはレベルに関わらず、です。

自分で練習のテーマを持つ、長いスパンで取り組むこと、すぐに変えたい、取り組んでいることを整理する。

全体練習の中でも、しっかり自分を持つということが大事、というか当たり前なんです。

こういうマインドを持っておけば、自然と自分のテニスについても考えられるようになりますしね。

与えられているだけって、つまらないですよ。

試合でどんな結果が出ても、人のせい、人のおかげ、って感じが強いですしね。

 

3.それでも、自分の課題が分からない・・・という人は?

こういう時は、周りに聞いてみる。

アナタを良く知っている仲間に、「自分のテニス、最近どうかな・・・?」と。

恥ずかしがらずに聞いて、そして自分で考える。

一人で悶々と考えること、私はオススメしません。

もちろん、考え抜くことは大事ですが、それは最終段階。

今、アナタに必要なのはきっと刺激であり、エッセンス。

「そんなの、考えもしなかった!」ということは、意外と身近な人が持っている。

ぜひ、何となくで話してみて下さい。

与えられる課題より、よっぽど良い課題、が見つかると思いますよ。

 

4.与えられる課題は、アナタに合っているようで合っていない

私は、こう思います。

アナタに合っている、と思ってコーチは指導する。

でも、結局それって「遠慮」が入ってるんですよ。

「まぁ、この人ならこれくらいかな」と考える、コーチなら当然です。

でも、試合ではどうですか?実際。

もっともっと、厳しいボールも苦し、苦しい場面も多い。

でもそんな課題、誰も用意してはくれないんです。

だからこそ、自分で用意する、挑んでいく。

そんなテニスの方が、用意されるよりもよっぽど楽しくないですか?

 

言葉で書くのは簡単、やるは難しです。

用意されていること、を継続している方が楽ですからね。

それは間違い無い。

繰り返しますが、このサイトでは「テニスの試合で勝ちたい人」を応援しています。

だから、練習は試合の為であって欲しいし、そうでないといけない。

今のアナタの練習環境は、どうですか?

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  2. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

    テニスって、本当にその人の性格がよく出る。みなさんも、そう感じ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

  4. テニス 雨
  5. メンタル

    ポイントを切り出しても意味が無い、その根本が大事

    試合形式で、ポイントが終わるとコーチがアドバイス。こういう光…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    本当に強い人との試合で、気付くこと
  2. テニス 評価

    その他

    テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば…
  3. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこ…
PAGE TOP