テニス メンタル

メンタル

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

テニスは残酷なスポーツ。

シングルスで結果が出なければ、全て自分自身で受け止めなければいけません。

その現実から逃げて、責任逃れをしている人、周りにいませんか?

アナタ自身、そうなっていませんか・・・?

 

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

 


 

■テニスが上手くならないのは、誰かのせい?

人間ですから、弱い気持ちになってしまうときもあります。

精一杯練習しているつもりでも、「もっと強い人たちと練習した方が良いんじゃないか・・・」と、考えることもあるでしょう。

試合に勝てないのは、環境が悪いから」と、自分の居場所を否定してしまう気持ちも、分からなくもありません。

ですが、環境や他人は、そう簡単に変えることはできません。

変えることができるのは、自分自身、しかないのです。

 

■ベースとなる環境を変えるのではなく、意図的に外に飛び込んでいく

私自身、高校の部活時代は学校にテニスコートが無く、公営のコートを借りてみんなで練習していました。

その中で、何名かはテニススクールにも通い、何名かは外の学校と合同練習へ参加させてもらったり。

アナタ自身、工夫して外部のテニス環境を求めるのはとても良いことです。

それをぜひ、ベースとなる自分の部活なりチームに還元してみてください。

「あそこでは、あんな練習してたよ!すごくためになった!」という会話が仲間の中で出て来ると、面白いですよね。

 

■テニスが出来る環境に感謝できている人が、試合を勝ちぬいていく

ふと、忘れがちになってしまうことがあります。

ラケットやボール、テニスコートを作る人、練習仲間、そして育ててくれた両親に、大会を運営するスタッフの人。

誰か一人欠けても、アナタはテニスを、そして試合をすることはできないのです。

当たり前だと思っている眼の前の光景が、いかに恵まれているかを考えたことはありますか?

その答えを、ぜひテニスノートに書いてみて下さい。

自分自身の言葉で書くことで、きっとアナタのテニスが強くなっていきます。

 

テニスって、不思議なスポーツです。

生活が乱れる、精神が不安定になると、そのまま如実にテニスに現れる。

試合を勝ちぬいてトーナメントで優勝するような人は、もちろん技術的にも優れていますが、何より周りの人への感謝の気持ちがしっかりと存在している。

「最近、テニスを頑張り切れていないな・・・」と感じている人は、目を閉じて考えてみて下さい。

今、テニスができるという最高のこの瞬間。

感謝の気持ちで、満たされてはきませんか?

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出来る…

  2. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

    2年前、ある高校生の試合を観ていました。それは団体戦で、とある…

  3. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと

    どんなに準備しても、ミスが止まらないときはある。特に試合の序盤…

  4. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと

    テニス部で、「困ることあるある」の中でもたくさん頂くのが、この問題。…

  6. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

特集記事

  1. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない
  2. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖…
  3. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
PAGE TOP