テニス サッカー

メンタル

「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

私は何度も、新しいことへの挑戦の必要性を書いて来ました。

その中で、スタートの言葉には気を付けてきたつもりです。

もちろん、失敗することだって必要。

でも、最初からそれを口にしたり、イメージしたらダメなんです。

 

「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

 


 

1.厳しいようですが、これが大事

厳しいようですが、「失敗しても良い」挑戦なんて無い。

失敗はあくまで結果的に、ですから。

始める時には、成功する気満タン、全力で挑まないと意味が無い。

失敗を許容してもらえる、と考えながらやっている挑戦って、意味ないですよ。

すみません、意味ないは言い過ぎかも知れませんが、そういう人って成功しない。

失敗を前提にする癖、がいつの間にか出来上がっている。

みなさん、身に覚えはありませんか?

 

2.奇策は成功する、というイメージが大事

言葉が大事、と私は何度も書いて来ました。

テニスの試合でも、奇策のような作戦、すごく大事。

ですが、「失敗しても良い」とは微塵も思っちゃダメ。

成功させるんだ、という思い切りが大事なんです。

「でも、それだとプレッシャーに感じてしまう・・・」という人は、勝負事ともっと真剣に向き合いましょう。

自分のメンタルを和らげるためだけに、「失敗しても良い」なんて言わないこと。

成功する、というイメージの妨げにしかならないですから。

 

3.言葉は現実になる、それがテニス

成功させる、と思って話していれば、成功するんです。

「センターに打つね」と言えば、サーブだってセンターに入る。

失敗しても良いから、と言葉にした時点で、失敗が大きくアナタ自身に近づいてくることを、忘れてはいけません。

挑戦って、厳しく険しい道。

だからつい、「挑戦しているだけで、凄いんだ」と思って自分を慰めてしまいがちですよね。

気持ちは、分かります。

でも、本当に試合に勝ちたい、成功したいなら、自分の言葉をしっかり意識していかないと。

言葉は現実になる、のがテニスの試合です。

 

4.本気の失敗が出来る人は、強くなれる

本気の失敗、じゃないと意味が無い。

失敗は成功の素、ただし本気に限る、です。

本気というのは、「やることをやり切る、ポイントを取るつもりでやる」ということ。

そうしないと、欠点って見えて来ないじゃないですか。

出し惜しみしている人は、最初から失敗をイメージして余力を残してますからね。

普段の練習から、みなさん変えていきましょう。

新しいことを始めるときこそ、本気でやってみる、成功するつもりでやる。

これが大事です。

 

成長が早い人って、自然とこれが出来てるんですよね。

出来なかったこと、を本気で悔しがりますしね。

挑戦、それは下手するとただの甘えになってしまう。

テニス選手として、厳しいスタンスで一緒に歩んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?

    人は無意識のうちに、自分が楽なほうに傾いていく。私自身、自分が…

  2. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  4. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  6. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分…
  3. テニス サーブ

    戦術

    サービスキープに、プライドを
  4. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している
  5. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
PAGE TOP