テニス 環境

メンタル

「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくことを恐れてはいけない

テニスが上達すれば、自分がいまいる環境も変わる。

それは決して、気持ちが良い、居心地が良い場所ばかりではありません。

誰しもがテニスを上達して試合に勝ちたいと、本気で思っているか・・・というと、そうではない。

ですが自分で覚悟を決めて、試合に勝ちたいと思っている方は、このことだけは覚えておいて下さい。

環境が変わっていくこと、これを恐れてはいけないのです。

 

「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくことを恐れてはいけない

 


 

■「自分より下手な人ばかり」、な環境から「上手い人ばかり」、の環境へ・・・

試合に強くなりたい、というチャレンジの元に環境を変える、変わっていくことはテニス界では多い。

テニススクールでも、レベル別にクラスが分けられていたり、部活でもAチーム、Bチームと分かれたりしますよね。

この環境の変化、自分が体験することになる=テニスが上達している証でもある。

ですがしっかり普段から心の準備が出来ていないと、いざ周りが自分より上手い人たちばかりになると・・・テニスが嫌になることもあるでしょう。

自信を失ってしまう、そんな自分をコントロール出来るのは自分だけです。

 

■どんなにテニスで負けても、自分が否定されている訳では無い

私も以前にコーチをしていた頃、落ち込んでいる生徒にはこんな声をかけていました。

「どんなにテニスで負けても、やられても、それが自分を否定されている訳では無いんだよ」ということ。

真剣であればある程、選手はテニスが上手くいかないと自分の全てを否定したくなる。

まぁ、誰だってラリー1つでも、負けたくないと思いますしね。

そうなると、新しい環境で自分をアピールするのは難しい。

自分とテニスは、ある種分けて考えて意識しておくのをオススメします。

 

■辛いとき、しんどいときは、文章にしよう!

環境を変えていくことに怖い、上達して試合に勝てるようになったけど、逆に今度は負けるのが怖い、というのは自然な感情です。

そんな不安に押しつぶされそうになったときには、とにかく文章にして書いてみる。

テニスノートに箇条書きにしてみると、それだけで気持ちが楽になります。

なぜなら・・・書いてみると意外と、「こんなことで悩んでいたのか」と思うようなことが多いから。

そして一つずつ解消して、二重線を入れていきましょう。

これがポイントです。

きっと不安が一つずつ、解消されていくはずです。

 

「上達するのが怖い?こっちは本気で頑張っても、なかなか上手くならないのに・・・」

と思った方、本当に本気で、テニスと向き合えていますか?

本気になれば、上達してそれに「怖さ」を感じるのは自然なこと。

どこかで壁にぶつかるのが、テニスでありスポーツ。

それを超えてこそ、また次の挑戦の楽しみがあるのですから。

一緒に上達して、恐れながらでも今いる場所から、環境を変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  3. テニス サイト
  4. テニス 雨
  5. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

  6. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

    団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。相手の応援が大挙し…

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  4. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ
PAGE TOP