テニス メンタル

メンタル

ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

試合の中で、メンタルが強く崩れない人。

それは、シンプルにこういう人だと思いますよ。

どんなに落ち着いている人だって、その瞬間、瞬間は、興奮したり落ち込んだりしている。

でも、次にポイントが始まるときには、切り替えられている。

この切り替え上手、には誰でもなれると私は思います。

 

ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

 

1.過ぎたポイントは、取り戻せない

テニスは、お互いにポイントを奪い合うスポーツ。

相手の得点から、減点させることは出来ません。

積み重ねていく、しか出来ない。

だからこそ、当たり前ですが終わったポイントを悔いても仕方がない。

長いラリー、での失点はもちろん悔しいですけど、そこでどう切り替えるのか、がアナタの実力そのもの。

落ち込んだりしている暇、無いですからね。

このあたり、どうやって自分の思考をコントロールしていくのか。

今回は一つのヒント、になればと思って書いてみます。

 

2.スコア上の失点、だけじゃない「特典」を得ているか?

例え失点しても、アナタ自身が得るものはある。

特に長いラリーのようなポイントだと、結果的に相手の得点になっても、アナタ自身は得るものがあるはず。

こういう発想があれば、淡々とリセットできます。

自分は損していない、と考えられるようになりますからね。

では、アナタが得るものは具体的に何でしょうか?

それは、大きく分けて2つあります。

 

3.「情報」を得て、「プレッシャー」を与える

何度も書いてきたことですが、これに尽きます。

例え失点になっても、まず相手から情報を得る。

どんなショットを、どのコースに展開して来たのか、それは得意なショットなのか。

アナタ自身で情報を得て、それを分析する。

得意ショットなら打たせない、苦手そうな場所を常に探っていく。

また、自分の攻撃がしっかり「プレッシャー」になっていることも大事。

自分から展開して、同じ構えから2つ以上の選択肢、コースを示せているだろうか。

相手は自分の、何を警戒しているのか、を考える。

この2つは、失点してもその中で自分から得ることが出来る「特典」です。

この特典を得ている限り、気持ちは落ち込まないですよ。

 

4.失点を活かせるから、最後は試合に勝てる

得た特典を、しっかり活かしていく。

これが出来る選手は、最後で勝てます。

なかなか、活かせない選手が多いのが現実、ですからね。

失点を活かすということは、相手に合わせて自分が変えること。

変えていくこと、が出来る人は負け試合を勝ち試合に出来る可能性が高まる。

ポイントごとに感情的、になる必要は無いですからね。

しっかりリセットして、次、次と向かっていける。

それはきっと、特典を自分で活かしていける自信、があるからでしょう。

 

これは、実力に関係無い話、です。

考え方の問題ですから、失点とどう向き合うのか、はアナタ自身のスタンスで決まる。

切り替えられない人は、いつまで経ってもポイントごとに一喜一憂。

ダブルスなら、パートナーとしても疲れますよ。

失点したときこそ、特典を得て活かす、という方向で考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

    このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  5. メンタル

    自己肯定感、をコントロールしよう

    自分のプレーに波がある、と感じているみなさん。この感覚を、自…

  6. テニス 夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  2. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  3. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  4. その他

    満たされないから、創造性は高まる
  5. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう
PAGE TOP