テニス メンタル

メンタル

ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

試合の中で、メンタルが強く崩れない人。

それは、シンプルにこういう人だと思いますよ。

どんなに落ち着いている人だって、その瞬間、瞬間は、興奮したり落ち込んだりしている。

でも、次にポイントが始まるときには、切り替えられている。

この切り替え上手、には誰でもなれると私は思います。

 

ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

 

1.過ぎたポイントは、取り戻せない

テニスは、お互いにポイントを奪い合うスポーツ。

相手の得点から、減点させることは出来ません。

積み重ねていく、しか出来ない。

だからこそ、当たり前ですが終わったポイントを悔いても仕方がない。

長いラリー、での失点はもちろん悔しいですけど、そこでどう切り替えるのか、がアナタの実力そのもの。

落ち込んだりしている暇、無いですからね。

このあたり、どうやって自分の思考をコントロールしていくのか。

今回は一つのヒント、になればと思って書いてみます。

 

2.スコア上の失点、だけじゃない「特典」を得ているか?

例え失点しても、アナタ自身が得るものはある。

特に長いラリーのようなポイントだと、結果的に相手の得点になっても、アナタ自身は得るものがあるはず。

こういう発想があれば、淡々とリセットできます。

自分は損していない、と考えられるようになりますからね。

では、アナタが得るものは具体的に何でしょうか?

それは、大きく分けて2つあります。

 

3.「情報」を得て、「プレッシャー」を与える

何度も書いてきたことですが、これに尽きます。

例え失点になっても、まず相手から情報を得る。

どんなショットを、どのコースに展開して来たのか、それは得意なショットなのか。

アナタ自身で情報を得て、それを分析する。

得意ショットなら打たせない、苦手そうな場所を常に探っていく。

また、自分の攻撃がしっかり「プレッシャー」になっていることも大事。

自分から展開して、同じ構えから2つ以上の選択肢、コースを示せているだろうか。

相手は自分の、何を警戒しているのか、を考える。

この2つは、失点してもその中で自分から得ることが出来る「特典」です。

この特典を得ている限り、気持ちは落ち込まないですよ。

 

4.失点を活かせるから、最後は試合に勝てる

得た特典を、しっかり活かしていく。

これが出来る選手は、最後で勝てます。

なかなか、活かせない選手が多いのが現実、ですからね。

失点を活かすということは、相手に合わせて自分が変えること。

変えていくこと、が出来る人は負け試合を勝ち試合に出来る可能性が高まる。

ポイントごとに感情的、になる必要は無いですからね。

しっかりリセットして、次、次と向かっていける。

それはきっと、特典を自分で活かしていける自信、があるからでしょう。

 

これは、実力に関係無い話、です。

考え方の問題ですから、失点とどう向き合うのか、はアナタ自身のスタンスで決まる。

切り替えられない人は、いつまで経ってもポイントごとに一喜一憂。

ダブルスなら、パートナーとしても疲れますよ。

失点したときこそ、特典を得て活かす、という方向で考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  3. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる

    試合に負ける選手のミス、には共通点がある。本人は気付いていない…

  6. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ
  2. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  3. その他

    【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  5. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる
PAGE TOP