テニス ボレー

ボレー

V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

ネットプレーが苦手な人。

この機会に、フットワークから変えていきましょう!

自信の無さ、はフットワークに全て現れる。

ここから改善していけば、きっとボレーも楽になるし好きになる。

足の運ぶイメージ、キーワードはVの字、です。

 

V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

 

1.必ず、斜め前に踏み込んでボレー

これが、基本です。

ボレーのフットワーク、自分が今立っている場所から、左斜め前・右斜め前、に踏み込んでいく。

この点をたどると、Vの字、みたいな軌跡をフットワークで描けるようになる。

打ったらその前に出した足を戻して、もう一度構え直し。

もちろん、チャンスならその踏み込んだ場所、にとどまって、どんどん前に詰めても良い。

ですがまずは、このVの字を基本にして中心に戻る、ことから意識してみましょう。

ほとんどの方が、横方向に踏み込んで打つボレーになっているはずです。

 

2.ボレーは横方向に踏み込むと、打ち辛い

実際、ボレーの練習をしていて感じませんか?

横方向に足を出すと、ボレーが窮屈になる。

これでは、なかなか攻撃的にプレー出来ないし、打てる範囲も狭くなる。

丁寧なボレーに見えますが、実際には攻撃力に乏しいし、打点が後ろ過ぎ。

しっかりvの字、のフットワークを意識して、斜め前に足を出していきましょう。

この意識だけで、実は初心者の方も楽にボレー出来るようになる。

コツは、その足をしっかり戻して構え直すこと。

次にフォア、バック、どちらに来ても良いように、しっかり準備しましょう!

 

3.ストロークに押されて、足を後ろに出すのもNG!

これも、ついやってしまいがち。

強力なストロークに押されて、足が出ない、どころか後ろに出してしまう。

気持ちは分かります。

少しでも時間を作りたい、ボレーが怖い・・・ようになると、そうなりますよね。

でも、やっぱりその恐怖心を、克服していかないと。

速いボールにも、Vの字でしっかり前に踏み込んでいく、そのフットワーク。

アナタ自身、鍛えておくべきだと思いますよ。

 

4.自分の足元に、vの字を描いてみよう!

これが、まず良いイメージトレーニングになるはずです。

自分の足元に、vの字を描く。

そして、しっかり前に踏み込んでいく。

この動き、実際に足元に自分で空想で描いてみるとイメージしやすいですよ。

「フォアボレーはあそこ、バックボレーはあそこ、まで踏み込もう!」と、気持ちも整理出来る。

足をどこに運ぶか、を考えておくだけで、ミスは減る。

きっと、フットワークを変えればメンタルも変わって来る。

ボレーが大好き、になる第一歩でしょう。

 

フットワークが安定すると、変なミスが無くなります。

余裕を持ってボールに触れるので、メンタル的にも楽になる。

何をどうして良いのか分からないと、人は不安になってパニックになりますからね。

足の動かし方、だけでも決めておくと良いでしょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  2. ボレー

    ありがちなフェイントは、見抜けるように

    対戦相手の前衛が、どんどん動いて来る。こういう相手は、きっと…

  3. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

    ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。…

  4. テニス ダブルス
  5. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本

    ダブルスの試合で、なかなかポイントが取れない方はこの基本を再度確認して…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
  2. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
  5. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です
PAGE TOP