ボレー

大きく変えないと、何も生まれない

最近私が、強く感じていること。

しっかり、強いボレーを打たないといけないな…と感じている日々。

佐藤プロ、土居コーチのボレーを見ていると、強く叩く時にはしっかりと「違い」を出している。

みなさんは、どうでしょう。

何かを大きく変えないと、もう前に勧めない。

そう感じたなら、それは本当にチャンスということです。

スライスボレーの限界

相手に時間を与えてしまう

スライスボレーも、使える場面はあります。

だからこそ、しっかりこの基本となるスライスボレーは大事なんですが…それだけだと、厳しい。

スライス回転のボレーだと、相手に到達するまでに時間がありますよね。

ですから、時間を作るのには向いているけど、奪うのには向いていない。

間髪入れずに、どんどん詰めていく時に限界がある。

ここで必要なのは、思い切って大きく変えていくという勇気。

ドライブボレー、最初は打つの怖いですよね。

実は、すごく使える

割と、最近のラケットなら打てます。

薄いグリップでも、上から抑えるような打ち方で、ドライブボレーのような打ち方で打てる。

ただし、そこまで大きなスウィングではないです。

小さい振り抜き、フォロースルーも小さく調整する。

ドライブボレー=スウィングが大きいストロークのようなフォーム、ではないんです。

あくまで、コンパクトなボレーの延長線上で、ドライブボレーを打つ。

こういうスキルが、本当に必要なんだと思えたらきっと身に付く。

一番の障害は、アナタ自身の思い込みです。

先入観を、取り去ろう

私自身、ドライブボレー=大きく振って打つ、というイメージがありました。

それこそ、シャラポワ選手がサービスラインくらいからドーン!と打つ、みたいな。

この先入観が、実は一番の障害になっている。

もっと、コンパクトなドライブボレーで良いんです。

相手に時間を与えないで、しっかり強く押せるボレー、これに仕上げていく。

技術の前に、まずはその必要性を感じるかどうか。

大きく変えていかないと、何も変わらない。

この危機感があれば、何だって身に付きますよ。

打点に対して、下から

厚い当たりが、キーワード

厚い当たりで、しっかりと打つ。

こするようなスピンではなく、フラットに近いような感覚ですね。

打点に対して、少しだけ下からラケットを入れていくコツを身に付ければ、大丈夫。

どうしても、スライスボレーが身に付いていると、上から入る癖があるじゃないですか。

これも、大事な基本。

でも、そこからハッキリと何かを変える時も必要。

打点に対して、どこにラケットをセットするのか、を意識してみて下さい。

手首は、固めておく

リラックスした中で、固めておく。

これが、大事なキーワードです。

力まないけど、しっかりと固まっている感覚で打点を前にしてボレー出来ると、すごく良い感じに飛んでくれます。

ラケットの振り幅は小さく、でもしっかりと下から厚く当てる。

手首を固めておく感覚は、早めに準備しておきましょう。

「ここに来たら、こうする」を決めておく

私が少しだけ、打てるようになったコツはこれ。

もう、決めて待っている感覚。

「次にフォアのここに来たら、ドライブボレーだな…」と。

大胆に変えるのは勇気が要りますが、でもそれだけ、進歩が大きい。

山を張るというよりも、身体が自然に反応出来る準備をする感じですね。

ラリー練習の中から、スライスボレーをまずフラットにしてみる、そしてドライブボレーに変えてみる。

ぜひ、みなさんもトライしてみて下さい。

攻撃的な感覚、を常に持とう

ただ、返しているだけではダメ。

相手から、常に時間を奪う。

強いボールを打って押し込んでいく、ただし、無謀なショットではない。

攻撃的な感覚を常に、向上心を持って挑んでいく。

みなさんも、これから更に、来年に向けてレベルアップしていくには、何が必要なのか。

大きく変えること、そこにチャンスがあると思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  2. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

  3. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  5. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイン…
PAGE TOP