テニス サーブ

ボレー

初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。

特に注意して見てもらいたいのは、ラケットをセットする速さ。

この速さが、ボレーでの実力差になって現れます。

まず何よりも準備の速さ、シンプルさ、を意識して、初心者の方も頑張って練習していきましょう!

 

初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

 


 

■ラケットのセットは、弾道のイメージから

まず、飛んで来る弾道のイメージをしっかり行う。

イメージ通りの弾道が飛んで来るようになれば、それだけでボレーはかなり上達します。

初心者の方は自分のフォームにばかり気がいきがちですが、それだけだと上手くなりません。

相手が打つ前、打った瞬間から、どういう軌道で自分のどのあたりに飛んで来るのかを判断できるようにする。

これが出来なければ、どんなに良いフォームを覚えていたとしても無意味です。

 

■ラケットセットは、打点より少し高い位置に

ボレーの基本は、軌道より少し上にラケットをセットすること。

そして横向きを作りながら、打ちたい方向に対して前足を踏み込んでいくことです。

まずはラケットをしっかり速く準備する。

後ろに引くのではなく、頭の上くらいにセットする、という意識を持ちましょう!

 

■男性の片手バックハンドボレーは要注意

男性で片手バックハンドボレーを打つ方は、特に注意が必要です。

ほぼ8割の方が、フォームが大きすぎる傾向にあります。

ラケットをセット、ではなくて完全にテイクバックしている。

振り遅れているのに気付かない・・・ことが、結構あります。

いざ試合になると、大事な場面でフォームの大きいバックボレーでミスをしてしまう。

思い当たる方、いませんか?

 

初心者に必要な要素って、実はみんなにとっても大事なこと。

テニスは本当に、「基本に始まり、基本に終わる」スポーツ。

だからこそ、このセットと横向きはしっかり、ネットプレーで意識しましょう。

男性のバックハンドボレー、特に注意・・・です!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

    「バキッ!」「ガシャ!」今日もどこかで、バックハンドボ…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

  4. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

特集記事

  1. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
  3. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
  4. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  5. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント
PAGE TOP