ボレー

ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。

それは、ドライブボレーです。

ストロークのスピン回転をかけるような打ち方で、ノーバウンドでボレー。

一見ダイナミックで、上手い人や学生しか使えないようなショットに見えますが・・・そうでもありません。

実は、私たち大人のテニスにこそ、必要な技術なんですよ。

 

ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

 


 

1.相手へのプレッシャー、半端じゃない

普通のボレー、よりもダメージが大きい。

つないでくると思ったら・・・ストロークのように叩かれる。

ボールだけじゃなくて、心まで叩かれて砕かれるような経験、無いですか?

それくらい、ドライブボレーってインパクトが大きい。

「甘いボールで、つなげないよ」という相手へのメッセージになりますしね。

でも、打つのは難しい?

それは、アナタ自身が決断出来ていないからです。

 

2.早い決断で、絶対に打てる

まず、選択肢としてドライブボレーがあるかどうか。

グリップも打ち方もまるで変わりますから、相手が打ってから考えるのでは遅い。

打つ前から、「つないで来たら、ドライブボレーだな!」と決めておくから、楽に打てるんです。

早い構えで、ボールを呼び込まないと無理。

緩く、フワッとしたボールが飛んで来たら・・・サービスライン付近では、ドライブボレーを振り抜く。

この決断力がある人が、打てるようになるんです。

技術、はその次で良いでしょう。

 

3.ダブルスなら、相手のセンター狙いで良い

細かいコントロール、要りません。

とにかく、センター深くにで良いでしょう。

ある程度ボールに力があれば、大丈夫。

コースを迷って威力が落ちる、方が怖い。

ダブルスなら相手コートの真ん中深く、が狙い目。

多少アウトしても良い、くらいの気持ちで振り切ってみて下さい。

意外と、使えるなと気付くはずですよ。

 

4.技術的なポイントは、ラケットを身体から離すこと

1つだけコツ、をお伝えするならこれです。

フォアハンドでもバックハンドでも、しっかりと脇を空けて、ラケットを身体から離すこと。

腰から肩、の高さで打てるように、遠心力を使えるように。

高い位置にテイクバックしてラケットダウン、その後にラケットを下から上に振り抜いていく。

このイメージで、早め、早めに動き出しましょう。

身体からラケットを離しておけば、ダイナミックさとパワーが出る。

後はリラックスして振り抜くだけ、です。

 

良いじゃないですか、ミスしても。

きっと、相手からするとすごく攻撃された、という印象が残るはずなんですよね。

一気にテンポも変わるし、もしポイントが取れればメンタルダメージも大きい。

それがドライブボレー、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れませ…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  4. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

    「当たり前」だと思っていること、意外とテニスでも多い。私は高校…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!

    テニスの試合ではコースが大事。ショットのパワーも欲しいけど、ち…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来…
  3. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
  4. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
PAGE TOP