ボレー

ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。

それは、ドライブボレーです。

ストロークのスピン回転をかけるような打ち方で、ノーバウンドでボレー。

一見ダイナミックで、上手い人や学生しか使えないようなショットに見えますが・・・そうでもありません。

実は、私たち大人のテニスにこそ、必要な技術なんですよ。

 

ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

 


 

1.相手へのプレッシャー、半端じゃない

普通のボレー、よりもダメージが大きい。

つないでくると思ったら・・・ストロークのように叩かれる。

ボールだけじゃなくて、心まで叩かれて砕かれるような経験、無いですか?

それくらい、ドライブボレーってインパクトが大きい。

「甘いボールで、つなげないよ」という相手へのメッセージになりますしね。

でも、打つのは難しい?

それは、アナタ自身が決断出来ていないからです。

 

2.早い決断で、絶対に打てる

まず、選択肢としてドライブボレーがあるかどうか。

グリップも打ち方もまるで変わりますから、相手が打ってから考えるのでは遅い。

打つ前から、「つないで来たら、ドライブボレーだな!」と決めておくから、楽に打てるんです。

早い構えで、ボールを呼び込まないと無理。

緩く、フワッとしたボールが飛んで来たら・・・サービスライン付近では、ドライブボレーを振り抜く。

この決断力がある人が、打てるようになるんです。

技術、はその次で良いでしょう。

 

3.ダブルスなら、相手のセンター狙いで良い

細かいコントロール、要りません。

とにかく、センター深くにで良いでしょう。

ある程度ボールに力があれば、大丈夫。

コースを迷って威力が落ちる、方が怖い。

ダブルスなら相手コートの真ん中深く、が狙い目。

多少アウトしても良い、くらいの気持ちで振り切ってみて下さい。

意外と、使えるなと気付くはずですよ。

 

4.技術的なポイントは、ラケットを身体から離すこと

1つだけコツ、をお伝えするならこれです。

フォアハンドでもバックハンドでも、しっかりと脇を空けて、ラケットを身体から離すこと。

腰から肩、の高さで打てるように、遠心力を使えるように。

高い位置にテイクバックしてラケットダウン、その後にラケットを下から上に振り抜いていく。

このイメージで、早め、早めに動き出しましょう。

身体からラケットを離しておけば、ダイナミックさとパワーが出る。

後はリラックスして振り抜くだけ、です。

 

良いじゃないですか、ミスしても。

きっと、相手からするとすごく攻撃された、という印象が残るはずなんですよね。

一気にテンポも変わるし、もしポイントが取れればメンタルダメージも大きい。

それがドライブボレー、です。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  3. ボレー

    ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です

    速いストロークを、ボレーで返す。これが難しいと感じている方は、…

  4. ボレー

    「延長線上」というキーワード

    プロ選手の練習を見ていて、そしてお話をお伺いして感じたこと。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  6. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ

    テニスでは、ネットに近いポジションが攻撃的。のように、見えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  4. 戦術

    前衛同士のビビらせ合い、に負けないように
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニ…
PAGE TOP