テニス スマッシュ

ボレー

「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。

この繰り返しが終わらない人は、「打ち終わり」を改善しないとエンドレス。

ボレーのようなプレーは、特に打ち終わりの態勢が勝負の肝になります。

 

「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

 


 

■「前のめりなボレー」になっていることに、速く気付こう!

私がボレー対ストロークのラリー練習を観ていても、学生の皆さんはどこか粗っぽい。

特に、ネットプレー、ボレー。

ボールに勢いを付けたいのは分かりますが、完全に上半身が突っ込んで終わっている。

当然、相手が打つ瞬間に構え直しも出来ていないし、スプリットステップも踏めていない。

これでは相手が「返球」出来たときには、もうアナタ側の失点にしかならない、のです。

 

■足は前に出すけど、体幹のバランスは崩れないのが理想

まず、背筋を伸ばしましょう。

しっかり胸を張って、前に足は出すけど頭の位置は変わらない。

変わらないからこそ、バランスが保てるし打ち終わった後も崩れない。

そもそも、テニスは連続攻撃、連続守備が大事な球技。

一発で決める、終わるような投擲競技ではありません。

相手あっての競技であるという認識を、今一度強く認識しておきましょう。

 

■軽く、ライトに打っていくようなボレーが実は理想

ボレーはシンプルイズベスト。

身体を大きく使ったようなボレー、実は試合ではあまり使えない。

むしろ、「ポン、ポン」とテンポ良く連続で軽く、ライトに打って良くようなボレーの方が、実戦的だと思いませんか?

アナタの普段の練習、どうでしょうか?

「ドッカーン」という一発必勝のボレーに命を燃やしても、相手に反撃されて終わりですよ。

 

しっかり自分の頭の位置、どこにあるのかを意識する。

バランスが崩れていなければ、テニスは大抵のボールには反応出来る。

逆に崩れていると、自分の身体の近くのボールでも処理出来ない。

これが現実です。

さぁ、試合で使えるネットプレーに仕上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

    試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。これって…

  2. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!

    ボレーが上手い、流れるようなネットプレーが得意な人は、きっとラケットワ…

  5. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

  6. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもあ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
  5. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
PAGE TOP