テニス スマッシュ

ボレー

「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。

この繰り返しが終わらない人は、「打ち終わり」を改善しないとエンドレス。

ボレーのようなプレーは、特に打ち終わりの態勢が勝負の肝になります。

 

「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

 


 

■「前のめりなボレー」になっていることに、速く気付こう!

私がボレー対ストロークのラリー練習を観ていても、学生の皆さんはどこか粗っぽい。

特に、ネットプレー、ボレー。

ボールに勢いを付けたいのは分かりますが、完全に上半身が突っ込んで終わっている。

当然、相手が打つ瞬間に構え直しも出来ていないし、スプリットステップも踏めていない。

これでは相手が「返球」出来たときには、もうアナタ側の失点にしかならない、のです。

 

■足は前に出すけど、体幹のバランスは崩れないのが理想

まず、背筋を伸ばしましょう。

しっかり胸を張って、前に足は出すけど頭の位置は変わらない。

変わらないからこそ、バランスが保てるし打ち終わった後も崩れない。

そもそも、テニスは連続攻撃、連続守備が大事な球技。

一発で決める、終わるような投擲競技ではありません。

相手あっての競技であるという認識を、今一度強く認識しておきましょう。

 

■軽く、ライトに打っていくようなボレーが実は理想

ボレーはシンプルイズベスト。

身体を大きく使ったようなボレー、実は試合ではあまり使えない。

むしろ、「ポン、ポン」とテンポ良く連続で軽く、ライトに打って良くようなボレーの方が、実戦的だと思いませんか?

アナタの普段の練習、どうでしょうか?

「ドッカーン」という一発必勝のボレーに命を燃やしても、相手に反撃されて終わりですよ。

 

しっかり自分の頭の位置、どこにあるのかを意識する。

バランスが崩れていなければ、テニスは大抵のボールには反応出来る。

逆に崩れていると、自分の身体の近くのボールでも処理出来ない。

これが現実です。

さぁ、試合で使えるネットプレーに仕上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. + POWER CUP について
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

    テニスの試合、相手が感情的になる試合。こういう試合、場面を、増…

  2. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  5. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い

    ボレー戦の中で、ボールが浮いて相手のハイボレー。まずい!と思う…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメント形式の大会では「一発勝負だからこそ、格上に勝つチャンスがある」ことを…
  2. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢…
  3. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
  4. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  5. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある
PAGE TOP