テニス ダブルス

ボレー

足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。

この技術があるだけで、試合ではかなり拾えるポイント、が増えるはず。

ダブルスの試合で、前衛でプレーするときには相手前衛の攻撃も受け止めないといけないですからね。

本当に、ちょっとした意識でボレーは変わります。

大事なのは、明確に何かを変えるということ、ですね。

 

足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

 


 

1.低い態勢を作り過ぎない

これは、私自身の経験から、です。

足下にボールを打たれると、腰を折るようにして低い態勢、になってしまう方が多い。

でも、それだとなかなか、ラケットの真ん中にボールが当たらないんですよね。

膝を軽く曲げるくらいで、まずはラケットにしっかり当てないと。

ボールは飛んでくれませんから、上体は起して、しっかり胸を張って足下のボレーに対応しましょう。

 

2.先にラケットを足下にセット

相手が攻撃してくる、足下を狙われるような時には、先にセット。

これがテニスの試合での守備の基本、です。

ラケットを下げてしまうのは基本から逸脱していますが、緊急事態ならしょうがない。

相手が足下に打って来る、ような雰囲気がある時には、先にラケットを足下で準備して待ちましょう。

 

3.自分が返球する時に、速いボレーは捨てる

遅いボレー、で充分ですよ。

相手に速いボレーで返球しても、また次に早く帰って来て、自分が苦しくなるはず。

私なんかは、ほとんどロブボレーのように山なりのボレーでの返球、を意識しています。

その方が、時間を作れるし攻撃してくる相手の意表を突けますからね。

足下に打たれている、低い位置から相手の足下、なんて当然狙えない。

狙いは、上、ロブボレーがすごく使えます。

 

4.バックボレーを主役にする

身体の正面、低い足下の位置も、バックボレーが基本。

この方が、さばきやすいんですよね。

少しだけフォア側、に来ても、バックボレーならカバー出来る。

フォアボレーで待っていると、正面近くの足下が全然返球出来ませんから。

相手の攻撃、の時にはバックボレーを特に意識して待つ、ことが試合の現場では大事です。

 

5.反撃にこそ、チャンス有りと信じる

相手の攻撃の時、こそ実は反撃のチャンス。

この意識を持つことも、立派な足下のボレーを返球するコツ、です。

だって、相手の攻撃を返球すること、それ自体で大変なことじゃないですか。

何か希望が無いと、そのままやられてしまう。

「これは、返せばこっちのチャンスだぞ!」と思えるかどうか。

思えたら、自然と身体が反応してくれるはず。

ぜひ、試合では意識してみて下さい。

 

足下に打たれて、慌てるうちはまだまだ試合で勝てない。

ダブルスの試合、なかなか足下のボールって決まらないですよ。

だからこそ、アナタ自身も足下のボレーの技術の上達は急務。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

    「また触ってしまった・・・」試合中に、アウトボールをボレーしよ…

  3. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで…

  4. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  6. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを…
  3. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
  5. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた…
PAGE TOP