テニス フットワーク

練習メニュー

ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

練習の後半、試合形式でのポイント練習。

私は学生時代、すごくこれが楽しみでした。

ほぼ試合、のような形でチャンピオン形式、でやったりしますよね。

でも、試合形式なのでテンポよく進めないと、打っている時間は短いし参加出来る人は少ない。

だからこそ、このやり方でいきませんか?という提案です。

 

ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

 


 

1.セカンドサーブ限定が効率的

ポイント形式ですので、サーブから試合形式。

時間が無くて人数が多いなら、セカンドサーブ限定、の形でどうでしょうか。

シングルスもダブルスも、ファーストサーブは使わない。

使う時間帯、を作っても良いと思いますが、セカンドサーブに限定するとすごく実戦的です。

まず、サーバー側のプレッシャーが凄いですしね。

それに、よりラリーが続くし、良い練習が出来る。

そう思いませんか?

 

2.ファーストサーブは、淡泊になりがち

まず、あまりラリーにならないんですよね。

良いサーブならリターンが返らないし、そもそも入らないことも多い。

淡泊なポイント、が増えると思います。

これって、時間のムダになりがち。

もちろん、ファーストサーブ自体の練習は必要ですし、入れにいくだけのサーブになっては問題です。

ですが、セカンドサーブ限定でポイント練習をすることで、ラリーに持ち込めるケースは増えるはず。

これこそ、私は試合で大事な部分だと思います。

 

3.サーブからのラリー、が短過ぎ

試合でイマイチ勝てない選手、学校、チームのポイント練習を見ていると、こうなんです。

ラリーにならない、続かない。

サーブで終わるか、リターンで終わるか、なんだかよく分からない感じで終わる。

3往復くらい続く、ことが少ないんですよね。

ダブルスも、前衛が駆け引きで動いて短いポイントで終わる、とかなら良いんですが、そうじゃない。

ファーストをドッカン、リターンをドッカン、で終わるだけ。

これを脱却していく為にも、セカンドサーブ限定のポイント練習、私はお勧めです。

 

4.ラリーに慣れると、自信が出て来る

試合に強い人って、ラリーを恐れない。

サーブから始まる展開、長いラリーも普段から慣れている。

ポイント練習でも、しっかりラリー出来てますからね。

これが、ファーストサーブが有りだとなかなか経験として積めないんです。

ラリーに慣れる、しっかり相手と打ち合うこと、を練習で意識しないと。

それが出来れば、「自分はセカンドからでも、ポイントが取れるんだ」という自信にもなる。

ぜひ、普段の練習で意識してみて下さい。

 

良いセカンドサーブ、は身に付けばテニスは強い。

それを少し、強く直線的にしたサーブがファーストサーブ、です。

セカンドに自信があれば、ファーストサーブだって伸びていく。

その為に、ポイント練習はセカンドサーブから、でどうでしょう。

一度やってみて、損は無いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. 練習メニュー

    「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

    選手時代、ボール出し練習をよく行った。ボール出し練習だから、ゆ…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

  4. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう

    サーブリターンの練習、みなさんもよくやるメニューだと思います。…

  6. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手い…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  3. テニス 練習

    メンタル

    ネット際のボールって、避けておくべき?
  4. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう
  5. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」
PAGE TOP