テニス メンタル

練習メニュー

試合中に怒る人、練習中に怒る人

みなさんの周りに、こういう人はいないでしょうか?

自分に対して、そして周りに対して。

私は、冷静にしっかり伝えるのであれば、感情を表に出すことは悪いことだとは思いません。

ただし、怒っても信頼される人、周りが付いて来る人というのには共通点がある。

社会人テニスだからこそ、難しい部分でもありますが、ぜひ考えて欲しいポイントなんです。

 
 

試合中に怒る人は、たくさんいる

草トーでも、市民大会でも。

自分に怒ったり、ペアのパートナーにまで感情的になっている人、いますよね。

ジャッジが汚い相手に怒る、というのは分からなくもないですが。

試合で感情的になっても、良いことはほとんど無いでしょう。

審判をしていたから分かるんですが、感情的になった方が負ける可能性が高くなるだけ。

試合の現場では、起きていることを受け入れて、いかに冷静に試合を進めていけるか・・・が大事。

分かっちゃいるけど、だと思いますが。



練習中に怒る人、いますか?

みなさんの周りに、いるでしょうか?

練習中に、しっかり全体のことを考えて、相手のことを思いやりながら指摘出来る人。

そういないと思います。

だって、練習は自分の好きに、楽しくやりたいですから。

ましてや部活ではない、社会人サークルなら色々な人もいる。

テニススクールだって、目的は人それぞれ。

ここで、「それは違うんじゃない?」と言える人、すごく貴重。

学生のみなさんなら、ぜひこういう声を上げられる人、になって欲しい。

そうなれば、アナタ自身が強くなれますから。



言葉は責任を生む

厳しいことを周りに言う、それは全て、自分に返って来る。

そう気付いているからこそ、あえて「周りに注意する、怒る」という行為が出来る人は、凄い。

言葉は責任を生みますから、「お前はどうなんだよ」という目をあえて自分に向けさせる。

仲間の関係も、ギクシャクする可能性はあります。

でも、試合に勝ちたい、とチームで考えているなら・・・。

練習でこそ、お互いに本音で声を上げる。

これが大事だと、私は思いますよ。

   

自分に対する怒り、も溜めておこう

これが無い人は、強くなれない。

練習から、自分に対してふがいない、もっと頑張らないと、と思えるかどうか。

この感情が無い人は、正直私は興味がありません。

練習で満足出来ている人が、強くなって試合で勝てるとは思えないですから。

まだまだ、何か足りないんじゃないか。

もっと練習で、出来るんじゃないのか。

自分に対する怒りは、必ずエネルギーに変えていけます。

今強い、結果を出している選手は、みなさんそうでしょう。



試合の中で、感情的にならない為に。

練習の中で、出し切っておくことって大事です。

練習でモヤモヤしている人に限って、試合で爆発する人が多いですから。

みなさんは、練習で怒りを感じられる人に。

もし、稀有な目で見られても、「私はこう思う」を言えるように。

そうすれば、自然と強さは身に付いていきますよ。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

  2. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  3. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

  4. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

  6. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雑誌

    練習メニュー

    失敗の質こそ、その人の未来
  2. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こ…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  5. メンタル

    リアクション上手は、必ず得をする!
PAGE TOP