テニス 評価

その他

テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば強くなる

アナタは自分のテニスについて、どういう印象を持っていますか?

得意、不得意、出来るだけ客観的に向き合うことの大切さは、何度かお伝えしてきました。

それでも、自分自身で自分のテニスを考えるのには、どうやっても限界がある。

厳しいことかも知れませんが、テニスに限らず、アナタ自身の力は「他人」によって評価される部分が大きいのです。

「自分のやりたいテニスをして、楽しければそれで良いや・・・」と思う人も多いでしょう。

でもその「楽しさ」って、やっぱり自己満足では得られないんだと私は思います。

 

テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば強くなる

 


 

■「他人に認められる」からこそ、テニスは楽しい

仕事でも勉強でも、人は誰しも認められたい。

他人から認められ評価されることで、自己を肯定出来る。

テニスの試合にしても、そうですよね。

試合に勝つ、ということはある意味「認められる」ということ。

結果を出して自分以外の誰かが喜んでくれる、ことが嬉しくて選手を続けているという人も多いでしょう。

これって自然なことだと、私は思います。

 

■他人の眼を気にし過ぎることなく、評価を受け入れる

アナタ自身、部活やサークル、テニススクールなどでプレーしていると考えると、周りから少なからず何かしら評価されている。

一緒にプレーすることで高め合える仲間、と思われているかどうかは、常に自問自答しておくこと。

他人に認められる、それはテニスのプレーだけではありません。

コート上での立ち振る舞いから全て、アナタを観ている人は思った以上に、多い。

これだけはぜひ、覚えておいて下さい。

 

■他人からの評価を恐れてはテニスは出来ない

私は以前、この他人からの評価が怖かった。

「誰かに陰口を叩かれているんじゃないか・・・」とかばっかり、考えてました。

その結果何が起きたかというと、無難なテニス、意見を言わない、人をなるべく避けるようにする・・・という感じに。

これではテニスも上達する訳がありませんね。

自分をしっかり主張する、そしてその評価を受け入れる、ということはぜひアナタ自身テニスの中で実践してみて下さい。

 

抽象的で、分かり辛い内容になってしまってすみません。。

ちょっと今回は、上手く内容がまとまっていないままに、書いてしまいました。

でもこれも、自分らしいと思っています。

読んでもらって、「全然理解できない・・・」というのも、一つの皆さんの評価。

私自身はしっかり受け入れて、これからもテニスについて書きたい内容を書いていきたいと思います。

ぜひ、お付き合い頂ければと思います・・・。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

    みなさんの周りにも、いつも人が集まって、テニスも含めて色々なことが「良…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です

    「テニスが上手くなりたいので、教えて欲しい」と、ありがたいことにお声を…

  3. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなことに

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  4. その他

    【大会告知】12/29 年末インドアコート ダブルス大会 in OTS南町田

    気が付けばもう11月。そろそろ年末のご予定を考えている方も多…

  5. その他

    今の状況になって、気付いたこと

    しばらく更新が滞っておりまして、すみません。みなさんは、いか…

  6. その他

    〇〇しないといけない、という考え方

    セカンドサーブは、入れないといけない。リターンはクロスに打た…

特集記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  2. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第
  3. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント
  5. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に
PAGE TOP