テニス 居場所

その他

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。

そんなプレイヤーに共通することは、何でしょうか。

しっかり真面目に練習に取り組んでも、なかなか結果が出ない・・・。

そうなると、その考え方を変える必要が有るかも知れません。

 

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

 


 

1.強くなるとは「変わる」ことである

今試合で強い人も、1年前は全く異なるプレースタイルだった、というケースも多くあります。

そして強い人は、常に自分のテニスを変えていこうと試行錯誤しています。

ストロークを強くしようと思えば、漠然と練習するのではなくグリップを思い切って変える、またはスタンスをクローズドからオープンにする、という変化が必ず必要になります。

逆に上達できない人は、今の自分のテニスに固執して「スィングを速くしたい」「コントロールを良くしたい」という考えが強い傾向にあります。

もちろん自分のテニスにプライドを持つことは大切ですが、変化していく勇気を持って実践しましょう。

 

2.コーチに「低い態勢で」と言われたら、膝が地面に付くまで低くする

変えるというトライには、大胆さが不可欠です。

「低い態勢」をコーチから求められたら、アナタができる最大限の低さまでチャレンジして実践してみることです。

「少しずつ」調整していくのが普通ですが、それでははっきり言って何も変わりません。

一度大きく振れてみて、「やり過ぎる」ことも重要なのです。

その中から、一番良いポイント=低い態勢、を自分で探っていく。

それくらいの意識でちょうど良いのです。

 

3.去年の自分と比べて、新しいことは何か実践できていますか?

1年前のアナタと、今のアナタの違いは何ですか?

トライしてきたことは、実現できてますか?

即答できないようであれば、今日から何かを始めましょう。

お勧めは、ネットプレーに積極的になること。

このサイトを観て頂いている方の多くは、ストローク主体のプレースタイルだと思います。

まずネット近くでのプレーを増やすこと。

練習だけではなく、試合の中でも増やすこと、経験することが大切です。

 

何事も、必要性を感じなければ人間は行動・実践できません。

本当にテニスの試合で勝ちたければ、試合で必要なことを本気で考え、新しい技術の習得の必要性を感じるはずです。

感じない方は、万能なオールラウンドプレイヤーか、またはすごく鈍い人。

皆さん、後者になってはいませんか?

変わる勇気を持てば、アナタのテニスは急激に強くなります。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. その他

    今年一年を、振り返ってみて

    まだ12月26日、木曜日。少し早いですが、私自身T-PRES…

  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  3. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  5. テニス サーブ
  6. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

特集記事

  1. フットワーク

    浅いボールに横向きで入っていく、ことが全ての攻撃の基本です
  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?
  4. その他

    自分探しは、発信から
  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう
PAGE TOP