テニス 指導

その他

「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

「部活の上下関係で、悩んでいます・・・」といった声、よく伺います。

私が高校時代だったころと、今は時代も変わりましたしあまり偉そうなことは言えない。

ですが、私がもし今部活をまた始めるとすれば、一番意識することはコレです。

強い選手が育つには、シンプルな土壌が必要です。

 

「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

 


 

■「規律」を求めるなら、「平等」に扱おう

部活やサークル、社会人チームでも、ある程度の「規律」は存在しますよね。

遅刻しない、ボール管理の方法、など、差はあると思いますが、集団での活動に規律は必要。

ですが、規律だけ先走ってしまうと、今度は下級生ばかりが働いたり、上級生だけコートを使う、試合に出る、みたいなことになり兼ねない。

つまり、「平等」が無くなってしまう。

これでは強い選手は育つ訳もなく、チームとしての強さが養えないのです。

 

■今アナタがいるチームのバランスはどうか?

アナタ自身、今いるチームのバランスはどうですか?

しっかり規律は守れているか?

下級生も上級生も、平等にあらゆる権利を得られているか・・・は、再度見直してみて良いでしょう。

どうしても入部したときから、「うちの部は、こんなものか・・・」と思って疑問を封印している部分も、あるはず

小さいことですが、テニスが伸び悩んでいる原因はそういった部分に納得出来ていない、ことかも知れませんよ。

 

■改めて問いかけたい、テニスチームの理想について

終わりの無い問いかけだと思いますが、テニスチームの理想についても考えてみたい。

実力に関係無く切磋琢磨出来て、皆が平等に扱われて規律を守って活動出来る。

そんなチームは、逆に強くならないはずが無い。

でも現実は、先輩後輩もギクシャクして、試合に出るメンバーだけやる気がある・・・感じ、になってはいませんか?

責めるつもりはありません、私も以前はそうでした。

何かを変えたい、と思うなら今。

思い立ったら自分の考えを一度、紙に書き出してみましょう!

 

部活やサークルは、難しい。

ただでさえ、目的が違う人たちが集まって一緒に練習する訳ですから。

ですが、キャプテンや部長の皆さんは、迷ったときこそ成長出来るチャンス。

チームを強くしていく土壌整備には、多少の痛みは伴います。

その先に、チームと自分の成長がある。

苦しい旅路ですが、テニスを通じて得た試練だと思って、頑張って乗り越えましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

    試合が強くなる、テニスが上手くなる人には「良い練習相手」が集まってくる…

  2. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

  4. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  5. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  6. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練習しよう

    皆さんは利き腕、どちらか聞かれればすぐに答えることができますよね。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」…
  4. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
  5. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよ…
PAGE TOP