テニス 準備

フットワーク

ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻め切れない

実際に試合で効果的なのに、いつも下に見られているショット。

それは間違いなく、「スライスでしのぐストローク」でしょう。

このショットを甘く見ていると、試合で必ず痛い目に遭う。

その危機感、アナタにありますか?

 

ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻め切れない

 


 

■スライスでしっかり粘られると、テニスは辛い

一発で決まるショットが、アナタにあれば別。

それも圧倒的なスピードで・・・です。

普通に考えて、ストロークのラリーの中からそんなボールを繰り出していくのは難しいはず。

であればしっかり相手を走らせて、まずオープンスペースを作りたい。

でも、ただ相手を左右に振り回せば崩れてくれる、という訳では無い。

なぜなら、スライスという守備道具が相手にあるかも知れないからです。

 

■滞空時間が長いと、それだけ「戻る時間がある」ということ

遅いショットを見くびってはいけない。

なぜなら、そこで相手はしっかり「レディーポジションに戻る」ことが出来るから。

その後また打ち込む、にしても、相手はしっかり真ん中で守備的な態勢で待っている。

この態勢を何度も作られると、辛いのはアナタの方。

そう、スライスのように打ってからボールがバウンドするまで長い時間を要するショットは、「態勢を戻せるショット」だから試合で強いのです。

 

■粘らせない為には、どこかでネットプレーが必要になる

では、どうするか。

まず有効なのは、しっかり前に出てボレーで対応する、攻撃する。

滞空時間が長いのであれば、しっかり切ってあげることが大事。

ネットプレーが出来る相手だと分かると、山なりで単純なスライスは打って来れなくなる。

これだけでも、スライスを得意とする相手はプレッシャーなはずです。

逆にネットプレーが無い相手だと分かると・・・もう、どんなに走らされてもスライスで粘ればOK、ですからね。

 

スライスの守備、学生や若い選手には見落とされがち。

やっと追い付いたようなボールでも、頑張ってスピン系で返球する選手が多いのは、謎です。

戻れるように、スライスを上手く使う。

相手が前に出てくるようなら、初めてパッシングショットとしてスピン系を使う、くらいの意識でも良いでしょう。

守備的なスライス、練習から対応策を意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

    強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークに、スランプや調子の波は無い

    「そんなの、当たり前じゃん」と思った方、分かっているなら始めましょう。…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない

    テニスは常に、コートにボールをバウンドさせる競技。ボレーはあり…

  5. フットワーク

    「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

    右足と左足、俺の体が率先して体重を乗せたがるのは、右足である。…

  6. フットワーク

    腰を落とせば、大股で足が出る

    あと一歩、もう少しでボールが届きそうなのに届かないような場面、悔しい…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる
  3. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る
PAGE TOP