テニス 打点

練習メニュー

シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。

その為の意識は、シンプルな練習メニューでも鍛えることが出来ます。

 

■人数:4~12人

■レベル:初級~中上級

■目的:単純なストレートラリーではなく、シングルスの動きとコントロールを意識する
 


 

 

【練習内容】

今回ご紹介するメニューは、いたってシンプル。

皆さんも多くの方が実践している、縦半面のストレートラリー、これをシングルスの試合の為に意識を高く実践したい。

まず、ラリーする選手は必ずセンターに打ったら戻る、を繰り返す。

フォアハンドの回り込みもOKですが、必ず打ったら戻るを繰り返してシングルスに必要なコートカバー力を養いましょう。

それから、確実にシングルスコートの中に入れる、ダウンザラインで精度の高いショットを繰り返し打てるようにしましょう。

ボールの後ろに、しっかりと入ること。

オムニコートであれば、オープンスタンスで後ろ足を滑らせてスライドして入る、ような形を毎回意識すること。

 

【発展練習】

慣れてくれば、ドロップなどの前のボールも混ぜていく。

また、同じ形式でクロスラリーも実践していきましょう。

クロスラリーになると、より走る距離は長くなり、ショートクロスにも対応出来るようにしないといけません。

シングルスの試合を想定して、ネットミスを減らす、ストロークに深さを出す、ことが大事です。

 

【ポイント】

疲れると「戻るスピードが衰えてくる。

だからこそ、しっかり打った後のバランスを意識。

それから、これはつなげる練習ではありません。

しっかり攻撃出来るときには攻撃していく、そして守るときには軌道を高くスライスも使って時間を稼ぐ。

ただ緩いボールでつなぎ合う、のだけでは時間の無駄です。

 

つい、半面ラリーは半面の真ん中に立ってつなげるだけ、になってはいませんか?

ウォーミングアップでは良いとしても、それは練習では無い。

しっかりシングルスを意識して、テーマを意識する。

コートカバーとダウンザラインへのコントロール、磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

    普段、楽させてもらっている部分。これを外してみると、「やっぱり…

  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  4. テニス メンタル
  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人

    テニスの練習を、スクールやサークル、仲間同士で行う。学生を卒…

  6. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思…
  2. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
  3. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
  4. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない
PAGE TOP