テニス ポジショニング

スマッシュ

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。

今回は、低くて速いロブに対する考え方について。

社会人の女子ダブルスの試合では、この攻防が頻繁に繰り広げられます。

試合巧者は必ず使ってくるこの「低くて速いロブ」にどう対抗するか、考えてみましょう。

 

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

 


 

1.相手の態勢を見極めて、早めに下がる

ロブが来るのかどうか、そしてそのロブは高いのか低いのか・・・。

アナタの予測力と、瞬時のフットワークが問われるのがネットプレーです。

対戦相手の癖を見ぬきつつ、その時の態勢をしっかり観察するようにしましょう。

ロブを上げてくる癖、例えばアゴが上がる、早く身体が開く、などを見極めたらすぐに下がる準備をしましょう。

 

2.トップスピンは待たない、スライスは少し待つタイミングで

ロブには回転が付き物。

トップスピンがかかっていれば、落ちるのを待っていては食い込まれて打点が落ちてしまいます。

自分からしっかり打ちにいって、相手にプレッシャーを与えましょう。

スライスも同様に、自分からどんどんラケットを早めに出していくのですが、スピンに比べれば少し呼吸を置いて待つことも重要。

低いロブですので、とにかく早くラケットセット、振り出し、までを意識しましょう。

 

3.手首のスナップを効かせて、大振りにならないスマッシュに

ラケットを大振りする時間などありません。

ですので、手首のスナップをしっかりと効かせて、腕の振りはあまり行わないくらいの意識で良いでしょう。

最後は手首でコースを変える、女性でも、慣れれば無理の無い動作ができるはずです。

「腕を振り過ぎない」スマッシュも、練習の中で磨いておくようにしましょう。

 

4.打った後の態勢が崩れないように、すぐに次に詰める動きを入れる

シンプルに打ち終わり、次の態勢に以降できるように。

低いロブは、相手は「触らせた次のボール」を虎視眈々と狙っています。

一発で決まるスマッシュは、必要ありません。

その分、次のボールに備えてポイント自体はしっかりネットで終わらせらるように、フットワークと構え直しが重要です。

 

5.どうしても苦しいときに無理しない!ハイボレーに切り替えて深く返すことも大事

低くて早いロブは、後ろに任せても失点になる。

だからこそ、ダブルスでもシングルスでもアナタのところで止めなければいけません。

厳しいロブで触るのがやっと・・・のときには、ハイボレーを高い弾道で返球して凌ぎましょう。

ここで無理をしないこと。

身体が正面向きにならないように、横向きでボールを捕えればコントロールしやすいはずです。

 

低くて速いロブは、押し込まれて打点が後ろになってしまいがち。

だからこそ、早いタイミングでのラケットアップ、振り出しが重要です。

基本的には相手が攻撃的にくるロブですので、まずは相手の優位にならないような返球ができれば良しとしましょう。

テニスにおいて、ネットプレーはつなぎの意識も重要。

最終的には、相手のミスを引き出せればOKくらいの、気持ちの余裕が大切です。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

  6. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

特集記事

  1. その他

    「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  3. サーブ

    サーブは指先の神経が大事
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
PAGE TOP