テニス ポジショニング

スマッシュ

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。

今回は、低くて速いロブに対する考え方について。

社会人の女子ダブルスの試合では、この攻防が頻繁に繰り広げられます。

試合巧者は必ず使ってくるこの「低くて速いロブ」にどう対抗するか、考えてみましょう。

 

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

 


 

1.相手の態勢を見極めて、早めに下がる

ロブが来るのかどうか、そしてそのロブは高いのか低いのか・・・。

アナタの予測力と、瞬時のフットワークが問われるのがネットプレーです。

対戦相手の癖を見ぬきつつ、その時の態勢をしっかり観察するようにしましょう。

ロブを上げてくる癖、例えばアゴが上がる、早く身体が開く、などを見極めたらすぐに下がる準備をしましょう。

 

2.トップスピンは待たない、スライスは少し待つタイミングで

ロブには回転が付き物。

トップスピンがかかっていれば、落ちるのを待っていては食い込まれて打点が落ちてしまいます。

自分からしっかり打ちにいって、相手にプレッシャーを与えましょう。

スライスも同様に、自分からどんどんラケットを早めに出していくのですが、スピンに比べれば少し呼吸を置いて待つことも重要。

低いロブですので、とにかく早くラケットセット、振り出し、までを意識しましょう。

 

3.手首のスナップを効かせて、大振りにならないスマッシュに

ラケットを大振りする時間などありません。

ですので、手首のスナップをしっかりと効かせて、腕の振りはあまり行わないくらいの意識で良いでしょう。

最後は手首でコースを変える、女性でも、慣れれば無理の無い動作ができるはずです。

「腕を振り過ぎない」スマッシュも、練習の中で磨いておくようにしましょう。

 

4.打った後の態勢が崩れないように、すぐに次に詰める動きを入れる

シンプルに打ち終わり、次の態勢に以降できるように。

低いロブは、相手は「触らせた次のボール」を虎視眈々と狙っています。

一発で決まるスマッシュは、必要ありません。

その分、次のボールに備えてポイント自体はしっかりネットで終わらせらるように、フットワークと構え直しが重要です。

 

5.どうしても苦しいときに無理しない!ハイボレーに切り替えて深く返すことも大事

低くて早いロブは、後ろに任せても失点になる。

だからこそ、ダブルスでもシングルスでもアナタのところで止めなければいけません。

厳しいロブで触るのがやっと・・・のときには、ハイボレーを高い弾道で返球して凌ぎましょう。

ここで無理をしないこと。

身体が正面向きにならないように、横向きでボールを捕えればコントロールしやすいはずです。

 

低くて速いロブは、押し込まれて打点が後ろになってしまいがち。

だからこそ、早いタイミングでのラケットアップ、振り出しが重要です。

基本的には相手が攻撃的にくるロブですので、まずは相手の優位にならないような返球ができれば良しとしましょう。

テニスにおいて、ネットプレーはつなぎの意識も重要。

最終的には、相手のミスを引き出せればOKくらいの、気持ちの余裕が大切です。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

  2. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い

    スマッシュをしっかり打つ、ポイントを取る。そのために、初心者の…

  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

  4. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  6. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ
  3. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
PAGE TOP