テニス ポジショニング

スマッシュ

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。

今回は、低くて速いロブに対する考え方について。

社会人の女子ダブルスの試合では、この攻防が頻繁に繰り広げられます。

試合巧者は必ず使ってくるこの「低くて速いロブ」にどう対抗するか、考えてみましょう。

 

テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

 


 

1.相手の態勢を見極めて、早めに下がる

ロブが来るのかどうか、そしてそのロブは高いのか低いのか・・・。

アナタの予測力と、瞬時のフットワークが問われるのがネットプレーです。

対戦相手の癖を見ぬきつつ、その時の態勢をしっかり観察するようにしましょう。

ロブを上げてくる癖、例えばアゴが上がる、早く身体が開く、などを見極めたらすぐに下がる準備をしましょう。

 

2.トップスピンは待たない、スライスは少し待つタイミングで

ロブには回転が付き物。

トップスピンがかかっていれば、落ちるのを待っていては食い込まれて打点が落ちてしまいます。

自分からしっかり打ちにいって、相手にプレッシャーを与えましょう。

スライスも同様に、自分からどんどんラケットを早めに出していくのですが、スピンに比べれば少し呼吸を置いて待つことも重要。

低いロブですので、とにかく早くラケットセット、振り出し、までを意識しましょう。

 

3.手首のスナップを効かせて、大振りにならないスマッシュに

ラケットを大振りする時間などありません。

ですので、手首のスナップをしっかりと効かせて、腕の振りはあまり行わないくらいの意識で良いでしょう。

最後は手首でコースを変える、女性でも、慣れれば無理の無い動作ができるはずです。

「腕を振り過ぎない」スマッシュも、練習の中で磨いておくようにしましょう。

 

4.打った後の態勢が崩れないように、すぐに次に詰める動きを入れる

シンプルに打ち終わり、次の態勢に以降できるように。

低いロブは、相手は「触らせた次のボール」を虎視眈々と狙っています。

一発で決まるスマッシュは、必要ありません。

その分、次のボールに備えてポイント自体はしっかりネットで終わらせらるように、フットワークと構え直しが重要です。

 

5.どうしても苦しいときに無理しない!ハイボレーに切り替えて深く返すことも大事

低くて早いロブは、後ろに任せても失点になる。

だからこそ、ダブルスでもシングルスでもアナタのところで止めなければいけません。

厳しいロブで触るのがやっと・・・のときには、ハイボレーを高い弾道で返球して凌ぎましょう。

ここで無理をしないこと。

身体が正面向きにならないように、横向きでボールを捕えればコントロールしやすいはずです。

 

低くて速いロブは、押し込まれて打点が後ろになってしまいがち。

だからこそ、早いタイミングでのラケットアップ、振り出しが重要です。

基本的には相手が攻撃的にくるロブですので、まずは相手の優位にならないような返球ができれば良しとしましょう。

テニスにおいて、ネットプレーはつなぎの意識も重要。

最終的には、相手のミスを引き出せればOKくらいの、気持ちの余裕が大切です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  2. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

    壁打ちでテニスを上手くなる。そんな人には共通点があります。…

  3. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

  5. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  4. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
PAGE TOP