テニス 戦術

練習メニュー

「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います。

しっかりクロスで打ち合えるスキルはテニスの試合でも不可欠ですが、ただ単純にクロスへひたすら返球する練習をしていても、試合では活かされない場合が多い。

それはなぜでしょうか?

 

「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

 


 

■実際のテニスの試合を想定してみて下さい

試合を想定してみれば、その「なぜ?」が見えてきます。

ダブルスであれば、自分の正面には前衛がいます。

そしてシングルスでは、相手がネットに出てくるかも知れません。

つまりは、相手の状況に応じて「クロス」という選択を一回一回、丁寧にする必要がある。

それが出来て初めて、テニスの試合で必要なストロークの技術になるのです。

 

■クロスラリーの中で必要なのは、ストレートアピール!

ストレートに打ってくる雰囲気、匂いがあれば、ダブルスでも前衛はそう簡単には動けません。

ただクロスラリーをするのではなく、「いつでもストレートに打てますよ」というアピールを相手にする必要があるのです。

早い構え、横向き、テイクバックを、相手が意識できるくらいに見せ付けましょう。

そうすれば、多少クロスのストローク力が弱くても、心理的に相手より上手に立つことが出来るのです!

 

■コースの打ち分けの必要性を感じて初めて、テニスのフォームを変える意識が芽生える

漠然とラリー練習していては、成長が遅くなります。

クロスラリーも、身体が斜めを向いて行っていては、縦半面で行うラリーと何ら変わりなく、意味が無い練習になってしまいます。

一回一回、丁寧にストレートに打てる態勢を作ってクロスでラリーをしましょう。

こういった細かい練習での意識が、試合で発揮できる実力を大きく左右します。

 

■周りの練習仲間に、自分のストレートアピールについて聞いてみよう!

部活や練習仲間に、しっかりコースを隠せているか。

ストレートへのアピールができているかを、確認してもらうようにしましょう。

反対側のコートに立って、ボール拾いをしながらでも良いので、観察してもらう。

スマートフォンで動画を撮影するのも、すごく効果的です。

自分のテニスから眼を背けず、とにかく客観的な情報に多く触れて磨いていきましょう。

 

普段のラリー練習は、少しの意識で変わります。

ただ「つなげる、途切れたら終わり」という練習は、もう卒業しましょう。

試合では、展開と駆け引きの連続。

クロスラリーも工夫するだけで、素晴らしい練習メニューになります。

一度意識して、実践してみて下さい。

 

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習…

  2. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

    サーブ側の前衛が、いかに動けるか。これがダブルスの試合では、大…

  3. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  4. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  5. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  6. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

特集記事

  1. 戦術

    武器を使い、弱点を責めるだけ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲…
  3. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出…
  4. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  5. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる
PAGE TOP