テニス 戦術

練習メニュー

「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います。

しっかりクロスで打ち合えるスキルはテニスの試合でも不可欠ですが、ただ単純にクロスへひたすら返球する練習をしていても、試合では活かされない場合が多い。

それはなぜでしょうか?

 

「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

 


 

■実際のテニスの試合を想定してみて下さい

試合を想定してみれば、その「なぜ?」が見えてきます。

ダブルスであれば、自分の正面には前衛がいます。

そしてシングルスでは、相手がネットに出てくるかも知れません。

つまりは、相手の状況に応じて「クロス」という選択を一回一回、丁寧にする必要がある。

それが出来て初めて、テニスの試合で必要なストロークの技術になるのです。

 

■クロスラリーの中で必要なのは、ストレートアピール!

ストレートに打ってくる雰囲気、匂いがあれば、ダブルスでも前衛はそう簡単には動けません。

ただクロスラリーをするのではなく、「いつでもストレートに打てますよ」というアピールを相手にする必要があるのです。

早い構え、横向き、テイクバックを、相手が意識できるくらいに見せ付けましょう。

そうすれば、多少クロスのストローク力が弱くても、心理的に相手より上手に立つことが出来るのです!

 

■コースの打ち分けの必要性を感じて初めて、テニスのフォームを変える意識が芽生える

漠然とラリー練習していては、成長が遅くなります。

クロスラリーも、身体が斜めを向いて行っていては、縦半面で行うラリーと何ら変わりなく、意味が無い練習になってしまいます。

一回一回、丁寧にストレートに打てる態勢を作ってクロスでラリーをしましょう。

こういった細かい練習での意識が、試合で発揮できる実力を大きく左右します。

 

■周りの練習仲間に、自分のストレートアピールについて聞いてみよう!

部活や練習仲間に、しっかりコースを隠せているか。

ストレートへのアピールができているかを、確認してもらうようにしましょう。

反対側のコートに立って、ボール拾いをしながらでも良いので、観察してもらう。

スマートフォンで動画を撮影するのも、すごく効果的です。

自分のテニスから眼を背けず、とにかく客観的な情報に多く触れて磨いていきましょう。

 

普段のラリー練習は、少しの意識で変わります。

ただ「つなげる、途切れたら終わり」という練習は、もう卒業しましょう。

試合では、展開と駆け引きの連続。

クロスラリーも工夫するだけで、素晴らしい練習メニューになります。

一度意識して、実践してみて下さい。

 

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

    普段、みなさんも練習していると思います。ネットを挟んで、短い距…

  3. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない

    テニスの基本練習、素振り。みなさんも、家や試合前で取り組んでい…

  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう

    サーブリターンの練習、みなさんもよくやるメニューだと思います。…

  5. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習…

  6. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

特集記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  2. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン
  4. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない
  5. 戦術

    想像するから、テニスは強くなる
PAGE TOP