テニス ロブ

ダブルス

テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始めると、そのときはステイして待っている。

じゃあまたクロスか・・・と思って打つと、今度はポーチに出られてしまう。

強いダブルスペアと対戦したとき、この「前衛に捕まりっぱなし」に陥ってはいませんか?

試合慣れしている前衛の動きは、「前半の貯金」で相手にプレッシャーをかけ続ける。

心理戦に負けないよう、アナタも仕掛けていきましょう!

 

テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

 


 

■前衛のときには、積極的に「前半に貯金」を作る意識で動くこと

ポーチに出るなら、序盤です。

序盤に「ポーチに出る前衛」になることができれば、後半の戦いを優位に進めることができます。

まさに、「精神的な貯金」を作っておくことで、それを活かして後半戦に主導権を握ることが大切。

試合の後半になってポーチに出始めても、時すでに遅し。

ストレートに抜かれて万事休す、というペアが試合ではたくさんいます。

 

■テニスの試合では、「前半にやられたイメージ」は試合後半まで引きずってしまうもの

実際の試合を、思い出してみてください。

「序盤に綺麗にやられてしまう」と、そのイメージを後半まで引きずってしまいませんか?

これは、相手に貯金を与えているのと同じ。

失う1ポイントは、あくまで1ポイント。

忘れる必要はありませんが、重く受け止める必要もありません。

逆にアナタが格下相手に戦う際には、この序盤でしっかり叩く、というのを念頭に置いて試合に入りましょう。

 

■対戦相手が「自分の何を警戒しているのか」を感じ取れれば、前衛のプレーは楽しくなる!

前衛は攻撃の一番手。

優先権を持っていると考えて、常に相手に攻撃を仕掛けていきましょう。

待っていては、ボールは来ませんしリズムにも乗れません。

相手選手に、「自分はどう思われているのか・・・」を常に考えるようにして下さい。

一番の上達方法は、試合後に相手に自分の印象を聞いてみること。

「動いてきて嫌だった」

「全部フェイントだって分かってたから、プレッシャーは無かった」

など、生の声がきっと参考になるはずです!

 

前衛の動き、テニスの質は、チャレンジした回数に比例して上達していきます。

たくさん、たくさん失敗しましょう。

それも、思い切って。

ストレートを捨てて、抜かれても実はそれが「貯金」に残るのがテニスの前衛。

「ポーチに出る人」という意識付けが出来れば、ポイントを失う価値もあるというもの。

とにかく前衛では、積極的に動いて相手にプレッシャーを与えることを意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない

    ダブルスのペアは、活躍するペアでも色々な関係性がある。仲が良い…

  2. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書い…

  3. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある

    ダブルスの試合で、前衛で動けない!と、お悩みの方に、今回はシン…

  4. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

特集記事

  1. ロブ

    ロブを追いかけながら、結論は早く出す!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  3. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと
  4. テニス 練習

    メンタル

    「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
PAGE TOP