テニス ロブ

ダブルス

テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始めると、そのときはステイして待っている。

じゃあまたクロスか・・・と思って打つと、今度はポーチに出られてしまう。

強いダブルスペアと対戦したとき、この「前衛に捕まりっぱなし」に陥ってはいませんか?

試合慣れしている前衛の動きは、「前半の貯金」で相手にプレッシャーをかけ続ける。

心理戦に負けないよう、アナタも仕掛けていきましょう!

 

テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

 


 

■前衛のときには、積極的に「前半に貯金」を作る意識で動くこと

ポーチに出るなら、序盤です。

序盤に「ポーチに出る前衛」になることができれば、後半の戦いを優位に進めることができます。

まさに、「精神的な貯金」を作っておくことで、それを活かして後半戦に主導権を握ることが大切。

試合の後半になってポーチに出始めても、時すでに遅し。

ストレートに抜かれて万事休す、というペアが試合ではたくさんいます。

 

■テニスの試合では、「前半にやられたイメージ」は試合後半まで引きずってしまうもの

実際の試合を、思い出してみてください。

「序盤に綺麗にやられてしまう」と、そのイメージを後半まで引きずってしまいませんか?

これは、相手に貯金を与えているのと同じ。

失う1ポイントは、あくまで1ポイント。

忘れる必要はありませんが、重く受け止める必要もありません。

逆にアナタが格下相手に戦う際には、この序盤でしっかり叩く、というのを念頭に置いて試合に入りましょう。

 

■対戦相手が「自分の何を警戒しているのか」を感じ取れれば、前衛のプレーは楽しくなる!

前衛は攻撃の一番手。

優先権を持っていると考えて、常に相手に攻撃を仕掛けていきましょう。

待っていては、ボールは来ませんしリズムにも乗れません。

相手選手に、「自分はどう思われているのか・・・」を常に考えるようにして下さい。

一番の上達方法は、試合後に相手に自分の印象を聞いてみること。

「動いてきて嫌だった」

「全部フェイントだって分かってたから、プレッシャーは無かった」

など、生の声がきっと参考になるはずです!

 

前衛の動き、テニスの質は、チャレンジした回数に比例して上達していきます。

たくさん、たくさん失敗しましょう。

それも、思い切って。

ストレートを捨てて、抜かれても実はそれが「貯金」に残るのがテニスの前衛。

「ポーチに出る人」という意識付けが出来れば、ポイントを失う価値もあるというもの。

とにかく前衛では、積極的に動いて相手にプレッシャーを与えることを意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  5. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

  6. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない
  2. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイン…
  3. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い
  5. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につ…
PAGE TOP