テニス ボレー

ダブルス

「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦。

分かってはいるけど、苦しい戦いに心が折れそうになることもありますよね・・・。

それでも、諦めずに少しでも勝利の可能性を見出す為には、どのような戦い方をすれば良いのでしょうか。

今ある、あなたの技術と体力で、より良い戦い方ができるかも知れないヒントをまとめてみました。

 

「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

 


 

1.試合の中で「相手に獲られているポイント」を分析する

ダブルスの試合では、同じパターンでポイントを失うケースが多くあります。

相手の実力に押されてつい客観的な視点を失いがちですが、落ち着いて各ポイントを振り返ることを意識しましょう。

続けて同じような失点をしないように心がけているだけで、格上の相手は「やり辛さ」を感じてくるはずです。

守備的な意識の中にも、「簡単にはやらせないぞ」という意識を持つだけで、ポジショニングから反応まで変わります。

まずはポイント間にしっかり振り返って、次の準備をしましょう。

 

2.ポイントを失うにしても、「ラリー回数」を増やしていく

格上ペアのリズムが良くなるとき。

それは、ラリーの回数がポイントを重ねるごとに少なくなっていくことです。

プロの試合を観ていても分かるように、勢いに乗り始めると手が付けられない相手もいます。

1.で述べた内容にも重なりますが、まずはしっかりと相手とラリーを続ける意識を持ちましょう。

その回数を増やす為には、何が必要か。

あなた自身が自信を持って打てるショットで、しっかりとプレースメント・配球を行うということ。

プレッシャーをかけられても正確に打てる練習を、日ごろから意識して行うようにしましょう。

3.どんな相手でも「自分たちのリズム」は崩さない

よく試合でありがちなのが、相手の雰囲気にのまれてしまい、自分たちペアのリズムを失ってしまうということ。

「もうゲーム差も開いたし・・・」

「どんな手を使っても、もう厳しいな・・・」

とふと考えがちですが、この気持ちに負けてはいけません。

どこかで逃げたい、試合を早く終わりたいという気持ちがあれば、逆転の芽も自分で摘んでしまうことになります。

それこそまさに、相手の思うツボ。

堂々としっかりポイント間にも時間を取り、1ポイント毎に集中していく姿勢を相手に見せつけましょう。

4.「テニスは逆転のスポーツ」であるという理解を

スポーツは数あれど、テニスは「逆転可能なスポーツ」である、ということを最後に言いたいのです。

各ポイントはもちろん、ゲームも0-0から再開できる。

それは前向きに捉えれば、どんなに劣勢に立たされてもリフレッシュして臨むことができます。

もちろんプロの世界ではサービスキープ率が高く、実際の逆転は厳しいのが現実ですが、一般のトーナメントは別。

シードペアも突如自信を失うこともあり、付け込む余地は多いにあります。

その隙は、漠然と待っていても見えてきません。

どんなに実力差があっても、ゲーム差が開いても、僅かな光を見逃さないような目を常に持ち続けましょう。

 

言葉にすれば簡単ですが、実際の試合で格上ペアを倒すのは並大抵の努力では難しいです。

それでも一度経験すれば、このジャイアントキリングは癖になること間違い無し、です。

そしてこういった作戦を考えていると、自分が格下の相手と試合をする際にも、とても参考になります!

メンタル的な話になってしまいましたが、まずは冷静に客観的に、格上ペアとの試合も入っていけるよう準備しましょう。

きっとテニスの醍醐味が、そこで味わえるはずです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  3. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、…

  6. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  2. テニスあるある

    【誰もが経験する、あの切なさ…】0-6,0-12??
  3. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり
  4. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  5. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて
PAGE TOP