テニス リターン

リターン

リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。

右利きの方の場合、アドバンテージサイドでこういう打ち方が有効な場合もある。

もちろん、回り込んでいくのが正攻法であることは変わりありません。

ですが、特にボディを厳しく攻撃されるとき、またバックハンドが得意な選手はこういう打ち方も有り、です。

 

リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

 


 

■ボディへのサーブ、対策は必須です!

特にダブルスの試合、ボディへのサーブは絶対に増える。

男性のダブルスであれば、「迷ったらボディ狙い」という言葉があるほど、大事なポイントでサーブ側は選択して来ます。

その際に、いつまでも回り込むだけ・・・の感じだと、それが入らなくなったときに苦しくなる。

苦しくなって無策、になるのではなくて、バックハンド側でも「回り込める」ような準備をしておくと試合では有効。

意外と、打ちやすかったりしますよ。

 

■身体を逃がしながら、ラケットをコンパクトに操作する

狙いはシンプルに、クロス方向へのリターン。

身体に向かってくるボールを避けながら、ラケットだけ残しておく。

そして横向きを作ってシンプルに当てて、まずはリターンをシンプルに返球していく意識を持ちましょう。

前に踏み込むのも有効ですが、深いサーブが来た!と思ったら、その勢いを少し弱めて、身体を逃がすことを優先。

逃がしながらラケットを準備して、シンプルにコンパクトに打っていくと上手くいくでしょう!

 

■最初から「ボディサーブはバックハンドで処理する」と、決めておく!

ボディのサーブは、どうリターンするかを決めておきましょう。

フォアハンドでも良いし、調子が悪ければバックハンドでも良い。

相手のサーブが強力なら、回り込むのが難しいので今回紹介したようなバックハンドで身体を逃がしながらのショットも有効。

相手が打つ前、に決めておくのがポイントです。

サーブを打たれてから、では絶対に遅い。

決断力こそ、良いリターンには不可欠です。

 

ボディへのサーブは、決断力。

技術面でも大事ですが、相手が打つ前にしっかり自分で決めておくことが大事。

そうすればミスしても、どこを修正すれば良いか気付けるはずです。

モヤモヤしながら決められずにミスしたときには、原因も分からない。

そんなリターンにだけは、ならないように意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  2. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

    速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌…

  4. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  5. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

特集記事

  1. ストローク

    速いボールを正確に打って来る相手、にはどう対抗する?
  2. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い
  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎてい…
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  5. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
PAGE TOP