テニス リターン

リターン

リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。

右利きの方の場合、アドバンテージサイドでこういう打ち方が有効な場合もある。

もちろん、回り込んでいくのが正攻法であることは変わりありません。

ですが、特にボディを厳しく攻撃されるとき、またバックハンドが得意な選手はこういう打ち方も有り、です。

 

リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

 


 

■ボディへのサーブ、対策は必須です!

特にダブルスの試合、ボディへのサーブは絶対に増える。

男性のダブルスであれば、「迷ったらボディ狙い」という言葉があるほど、大事なポイントでサーブ側は選択して来ます。

その際に、いつまでも回り込むだけ・・・の感じだと、それが入らなくなったときに苦しくなる。

苦しくなって無策、になるのではなくて、バックハンド側でも「回り込める」ような準備をしておくと試合では有効。

意外と、打ちやすかったりしますよ。

 

■身体を逃がしながら、ラケットをコンパクトに操作する

狙いはシンプルに、クロス方向へのリターン。

身体に向かってくるボールを避けながら、ラケットだけ残しておく。

そして横向きを作ってシンプルに当てて、まずはリターンをシンプルに返球していく意識を持ちましょう。

前に踏み込むのも有効ですが、深いサーブが来た!と思ったら、その勢いを少し弱めて、身体を逃がすことを優先。

逃がしながらラケットを準備して、シンプルにコンパクトに打っていくと上手くいくでしょう!

 

■最初から「ボディサーブはバックハンドで処理する」と、決めておく!

ボディのサーブは、どうリターンするかを決めておきましょう。

フォアハンドでも良いし、調子が悪ければバックハンドでも良い。

相手のサーブが強力なら、回り込むのが難しいので今回紹介したようなバックハンドで身体を逃がしながらのショットも有効。

相手が打つ前、に決めておくのがポイントです。

サーブを打たれてから、では絶対に遅い。

決断力こそ、良いリターンには不可欠です。

 

ボディへのサーブは、決断力。

技術面でも大事ですが、相手が打つ前にしっかり自分で決めておくことが大事。

そうすればミスしても、どこを修正すれば良いか気付けるはずです。

モヤモヤしながら決められずにミスしたときには、原因も分からない。

そんなリターンにだけは、ならないように意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  2. リターン

    リターンのストレートアタック、アウトはOK

    ダブルスの試合で、最初のポイント。以前にも書きましたが、私は…

  3. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

特集記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー
  2. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
  3. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える
  4. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為
  5. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
PAGE TOP