テニス ポジショニング

日々の雑記

久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる

先日の土曜日に、試合に出て来ました・・・というお話をしたと思うんですが、今日はその続きで。

私自身このサイトで、「言い訳するな!」「準備が大事だ!」と書いていながら・・・やっぱり試合になると、なかなか上手くいかないことだらけ。

特に感じたのが、久々に試合をやってみると「配球頼み」になってしまう。

ココが怖いなと思いました。

自分自身の反省と、皆さんの何かの参考になればと思いましたので、改めて・・・。

 


 

私自身、ダブルスは「配球」で勝負するタイプ。

元々サーブも大したことないし、ストロークもイマイチ、ボレーはなんとか出来る、あとはロブやストレートへのリターンを駆使していく感じ。

これで、上手く乱れてくれる相手であれば良いのですが、やっぱり本格的な選手相手になると通用しない。

もし、皆さんの中にも色々出来る、配球が得意な人がいれば、どこかで「しっかりした速いショットで、真っ向勝負」の場面も必要かも知れません。

ふと気づくと、突っつき合いで相手を探る感じになってしまう。

思い切りの良いプレーが、全然出なくなってしまって・・・結果的に、その試合は負けてしまいました。

何事も、メリハリとバリエーションが大事、ですね。

配球だけに頼って、何とかかわしていこうという考え自体が甘い、とテニスでは勝てない。

戦術も大事、準備も大事、でも試合でも相手と勝負する、向かっていく気持ちが引いてしまうのは避けたいところですね。

 

あとは、リターンを踏み込んで来られた時に、やっぱりセカンドサーブになると辛い。

自信が無くなってしまうと、サーバーが苦しくなるので前衛に助けて欲しい・・・と思ってしまう。

これも皆さんが前衛のときに、意識してあげるとすごく良いと思います!

「後衛がセカンドサーブ、相手のリターンが強力・・・だから、あえて出る!」という感じだと、すごく信頼関係が深まりますよ。

 

と、試合で気付いた点を改めて書いてみました。

なんだ、いつも自分で書いてることが出来てないじゃん。。と落ち込む今日、この頃。

皆さんに負けないように、自分も書いたことは自分で実践する、を意識していきます。

暖かくなってきたので、こういうときこそ怪我に気を付けて頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。あと2週間、でも…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

    小平選手、金メダルおめでとう御座います!1発勝負、この30秒ち…

  4. 日々の雑記

    T-PRESSのYouTubeチャンネルが目指すもの

    みなさんのお陰で、T-PRESSのYouTubeチャンネルの登録者数…

  5. 日々の雑記

    ご質問頂いた件につきまして

    いつもT-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。…

  6. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話

    皆さん連休は、いかがお過ごしでしたか・・・?テニスをするには本…

特集記事

  1. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず
  2. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い
  4. ストローク

    「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングにつ…
  5. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情
PAGE TOP