テニス 指導

その他

空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。

仕事の成果、信頼感でもそうでしょう。

周りとのコミュニケーションに悩んでいる人のヒントに、少しでもきっかけになれると嬉しいです。

 

空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

 

1.テニスの試合は、残酷なモノ

シングルスでもダブルスでも、引き分けは無い。

勝てば次に進めるし、負ければそこで終わり、というトーナメント形式の試合がほとんどですよね。

相手に、「負け」の烙印を突き付けないといけない、のはアナタ自身の仕事なんです。

自分を主張し、相手を倒す。

この日常生活からかけ離れたことを、土日は頑張らないといけないという方も多いでしょう。

並大抵の精神力、じゃ難しい・・・ですか?

私は、考え方次第だと思いますよ。

 

2.空気を読まない、という意識も大事

試合で、空気なんて読んでいられない。

むしろ、相手にはしっかり感情的になってもらって、イライラし続けてもらわないといけないですから。

ダブルスなら、自分のパートナーにだってしっかり意見を伝えないといけない。

空気を読まない、ということを恐れてはいけないんです。

言い方を変えれば、空気を読んで八方美人、自分だけ勝負の世界に入らないというスタンスですから。

周りのことを考えるのは、それが試合の勝利につながるから。

必要だと思ったことは、しっかりやる、やり切ること。

これが私は大事だと思いますよ。

 

3.思いやりがあるからこそ、かも知れない

「勝つためなら、何をやっても良いの?」と、思う方も多いでしょう。

私は、ルールの中なら何をやっても良い、というのが基本の考え方です。

ただ、じゃあマナー違反はどうなんだ・・・と、なりますよね。

ここに、「思いやり」という言葉を加えたい、というのが私のスタンスです。

相手、パートナー、周りの人に対して、空気は読まないながらも、思いやりは絶対に忘れてはいけない。

難しい、矛盾しているようですが、思いやりがあるからこそ厳しいことも言うし、思い切り戦えるんだと私は思います。

対戦相手がいなければ、パートナーがいなければテニスは試合が出来ません。

だからこそ、この場にいてくれることに対して感謝する。

思いやりを持ちつつ、だからこそ本音で応えて自分も周りも成長していくような環境、を作っていく。

難しいようですが、アナタの行動一つで変わり始めることだと思いますよ。

 

4.「空気を読んだ」は、言い訳でしかない

私もよく、この言葉を聞きます。

営業でのプレゼン、社内での会議、そしてテニスでの試合・・・。

「あの時は、空気を読んで・・・」と、当時のことを言い訳し出す人、多くないですか?

私から言わせれば、そもそも実行する勇気がなかっただけ、その言い訳でしかない。

空気を読んで?

その空気って、何でしょう。

ましてやテニスの試合では、何かを興さないと動かない、のが当たり前。

格上相手だったら尚更、じゃないですか。

試合の空気というのは、最初から最後まで「居づらい」もの。

それを読んで行動したところで、みんながハッピーになんてなれない。

思いやりを持って、壊していく。

この覚悟、アナタにはありますか?

 

アナタ自身、空気を読むことを言い訳にして欲しくないんですよね。

もちろん、壊したら本当に全てが壊れていく、ような関係や場もあると思いますよ。

でも、そういうモノって、遅かれ早かれ崩れていくことでしょう。

また、作り直せば良い。

空気は自分で作り出していく。

その方が、楽しくないですか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  2. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

    テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?私は試合の前…

  3. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきましょう!

    今回は、少し趣向を変えて漠然としたテーマで。勉強でも仕事でも何…

  5. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  6. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?

    俺は金持ちではない。お金は無いけど、遊ぶことは大好きなので休日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にし…
  2. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
PAGE TOP