テニス 指導

その他

空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。

仕事の成果、信頼感でもそうでしょう。

周りとのコミュニケーションに悩んでいる人のヒントに、少しでもきっかけになれると嬉しいです。

 

空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

 

1.テニスの試合は、残酷なモノ

シングルスでもダブルスでも、引き分けは無い。

勝てば次に進めるし、負ければそこで終わり、というトーナメント形式の試合がほとんどですよね。

相手に、「負け」の烙印を突き付けないといけない、のはアナタ自身の仕事なんです。

自分を主張し、相手を倒す。

この日常生活からかけ離れたことを、土日は頑張らないといけないという方も多いでしょう。

並大抵の精神力、じゃ難しい・・・ですか?

私は、考え方次第だと思いますよ。

 

2.空気を読まない、という意識も大事

試合で、空気なんて読んでいられない。

むしろ、相手にはしっかり感情的になってもらって、イライラし続けてもらわないといけないですから。

ダブルスなら、自分のパートナーにだってしっかり意見を伝えないといけない。

空気を読まない、ということを恐れてはいけないんです。

言い方を変えれば、空気を読んで八方美人、自分だけ勝負の世界に入らないというスタンスですから。

周りのことを考えるのは、それが試合の勝利につながるから。

必要だと思ったことは、しっかりやる、やり切ること。

これが私は大事だと思いますよ。

 

3.思いやりがあるからこそ、かも知れない

「勝つためなら、何をやっても良いの?」と、思う方も多いでしょう。

私は、ルールの中なら何をやっても良い、というのが基本の考え方です。

ただ、じゃあマナー違反はどうなんだ・・・と、なりますよね。

ここに、「思いやり」という言葉を加えたい、というのが私のスタンスです。

相手、パートナー、周りの人に対して、空気は読まないながらも、思いやりは絶対に忘れてはいけない。

難しい、矛盾しているようですが、思いやりがあるからこそ厳しいことも言うし、思い切り戦えるんだと私は思います。

対戦相手がいなければ、パートナーがいなければテニスは試合が出来ません。

だからこそ、この場にいてくれることに対して感謝する。

思いやりを持ちつつ、だからこそ本音で応えて自分も周りも成長していくような環境、を作っていく。

難しいようですが、アナタの行動一つで変わり始めることだと思いますよ。

 

4.「空気を読んだ」は、言い訳でしかない

私もよく、この言葉を聞きます。

営業でのプレゼン、社内での会議、そしてテニスでの試合・・・。

「あの時は、空気を読んで・・・」と、当時のことを言い訳し出す人、多くないですか?

私から言わせれば、そもそも実行する勇気がなかっただけ、その言い訳でしかない。

空気を読んで?

その空気って、何でしょう。

ましてやテニスの試合では、何かを興さないと動かない、のが当たり前。

格上相手だったら尚更、じゃないですか。

試合の空気というのは、最初から最後まで「居づらい」もの。

それを読んで行動したところで、みんながハッピーになんてなれない。

思いやりを持って、壊していく。

この覚悟、アナタにはありますか?

 

アナタ自身、空気を読むことを言い訳にして欲しくないんですよね。

もちろん、壊したら本当に全てが壊れていく、ような関係や場もあると思いますよ。

でも、そういうモノって、遅かれ早かれ崩れていくことでしょう。

また、作り直せば良い。

空気は自分で作り出していく。

その方が、楽しくないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  2. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  3. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない

    最近私が、改めて感じていること。自分の意志で決めて、自分のテニ…

  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  5. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのがテニスです

    テニスというのは不思議なスポーツ。最初は難しいと思っていたこと…

  6. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする
  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くして…
PAGE TOP