テニス メンタル

テニススクール

テニススクールでの練習は、「空気を読むのが大事・・・」だけど、試合に勝つにはそれだけじゃダメです

これはテニススクールに限った問題では無いかも知れません。

サークルや仲間うちで楽しむゲームって、本番の試合と結構違いますよね。

いきなりストレートになって打たないし、サーブ&ボレーだって控えめだったり・・・。

何より最後まで諦めないでボールを追う、ということ自体も少ないかも知れません。

楽しくワイワイみんなでテニス、であれば問題無いと思いますが、試合に勝ちたいと考えている人は、あえてその空気を破っていくような勇気が必要かも知れません。

 

テニススクールでの練習は、「空気を読むのが大事・・・」だけど、試合に勝つにはそれだけじゃダメです

 


 

■テニススクールの空気に、のまれてはいけない

テニススクール自体を否定するつもりは、全くありません。

ただし、前提としてスクールでは「健康的で怪我の無い、楽しくみんなでボールをたくさん打つ」というのが目的としてあります。

そしてゲーム形式になれば、「4人でボールを回す」ような雰囲気が求められる。

自分から仕掛けてミスをしたりすると・・・どこか、「何やってんだ、コイツ?」的な空気になりますよね。

これを気にしてばかりいると、試合とはかけ離れたテニスになってしまうので注意が必要です。

 

■ラリーをつなげる癖が付いてしまわないように!

試合になってもテニススクールの癖が抜けず、チャンスなのにつないだり、ミックスダブルスのときに女性に打てなくなってしまう人。

何も考えずテニススクールでテニスをしていると、それはマイナスな要素も溜めてしまっていることになるのです。

意識をしっかり高く持って、スクールのラリーでも勝負していく、ゲーム形式では駆け引きをしていく、ことを大事にしてみて下さい。

だって試合の本番では、バンバンストレートへのリターンも来ますし、ポーチもガンガン出てきます。

練習の時点で感覚を掴んでいないと、試合では相手の勢いにのまれてしまいます。

 

■コーチにはしっかり、「試合に勝ちたい」旨を伝えましょう

「でも実際にストレートにリターンを打ったり、ポーチに出るのは・・・勇気が要る・・・」と思った方、良い手が有ります。

コーチに事前に伝えておきましょう。

「自分は試合に出たい、勝ちたい」と。

そうすればきっと、コーチは理解を示してくれますし、良き理解者になってくれます。

アナタにとっても、良い覚悟が出来るはず!

ポイントを早く終わらせること、チャレンジしていくことは絶対にテニスの成長で必要なのです。

 

人数が多いスクールだと、どうしても気を遣いますよね。

それは仕方ないことですし、あまりに空気を読まないテニスをしていても、それはそれで困りモノ。

バランスを取りながら、でもちょっと、空気を読まない方に寄ってみてください。

そんな生徒、コーチはきっと大好きです。

きっとそれだけで、試合向きなプレーが身に付きます。

テニススクールでの意識、ちょっとずつ変えていっても面白いと思います。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

  3. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、…

  4. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

  5. テニス ガット
  6. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  2. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  3. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
  4. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで
  5. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく
PAGE TOP