テニス サーブ

サーブ

ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう

サーブを打つ時に発せられる音、について。

皆さんは神経をとがらせて、聞いたことはありますか?

私はいつも、ダブルスの試合の時には聞いています。

自分ではなく、パートナーのサーブの音を。

 

ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう

 

1.サーブを打った時の高い音、低い音で違いは・・・?

基本ですので、個人差があると思います。

その前提で、ですが、高い音が出た時には回転系のサーブの可能性が高い。

シュッとボールを切るようなスピン、スライスサーブ、ですね。

逆に低い音はしっかりボールを打った時、当たる表面積が広いフラットサーブ、のような時が多いでしょう。

恐らく、皆さんもパートナーのサーブは大体どんな感じかはつかめているはず。

でも、その日の調子に寄っても変わって来ますよね。

だからこそ、微妙な回転量やスピードは、まず音で感じ取れるようにならないといけないのです。

 

2.音を聞く習慣が付くと、前衛で動きやすくなる!

不思議と、前衛で動きやすくなるんですよ。

音を聞いて動く、身体が反応する癖を付けておけば、ダブルスで動きが良くなる。

その音によって、「これは良いサーブだ!」と思ったら、思い切ってネットに詰めることも出来る。

ちょっとしたことですが、このサーブ音を聞く習慣って意外と意識していない人が多いですよね。

直ぐに出来て、効果てきめん。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.サーブの音だけじゃない、ストロークだってボレーだって、音が先に聞こえる

テニスは、まず音が先に聞こえる。

特に前衛にいるときには、後衛のパートナーは基本見えない。

だからこそ、しっかり音を聞いて判断する、予測するというのが大事なんです。

スライスとスピン、音の違いはどんな部分にあるのか?

当たり損ないは?

耳を澄ましていると、色々なことが分かるようになってきます。

敏感な人は、テニスに向いている。

ぜひ、アナタもこういう感覚、鍛えて欲しいと思うんです。

 

後衛が打つ音、それだけで調子も分かる。

良い時ばかりではないでしょう。

そんなときは、前衛のアナタがしっかりフォローしたり、声をかけてあげたい。

ボールを打つ音を聞いていれば・・・きっと後衛の心の声、まで聞こえてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう

    みなさんは、試合の中でどんなプレーで相手と自分の実力を比較してますか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

    ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

    ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。女性のサーブ?女性…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  5. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

    サーブを打つ前の動作、意外とみなさん、コレやっていない気がしませんか?…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

特集記事

  1. ストローク

    「ハッ!」より、「フー」
  2. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  3. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから
  4. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない
  5. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリター…
PAGE TOP