テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか?

ダブルスの試合、ペアの関係性は失点したときの雰囲気で分かる。

どちらかのペアが怒っている、片方のペアが謝っているようなペアは、大抵強くない。

片方のペアが委縮してしくれると、もう狙っておけば問題無いですからね。

そう、ペアがミスしたときにどんな声をかけるか・・・で、ダブルスは変わる。

アナタ自身、どうでしょうか?

 

ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか?

 


 

■ミスしたときの雰囲気、を相手は観ている

相手を観察する試合慣れした選手は、ミスしたときのペアをよく観察している。

謝っているのか、それとも気にしていないのか、何を考えているのか・・・をしっかり観て、ペアの関係性を確認している。

だからこそ、しっかりミスしたときにはまず、「相手に観られている」ことを認識しておく。

そしてアナタ自身、ペアがミスしたときの対応にこそ、ダブルスの強さが隠れていることも覚えておきましょう。

 

■ミスの後、またチャレンジしようという空気を作れているか?

強いダブルスペアは、失敗でぶれない。

作戦にポリシーと根拠があるから、多少失敗してもしっかり同じ意図で作戦をしっかり継続してくる。

弱いペアは、ミスすると片方のペアが感情的になり、作戦を止めていく。

せっかく効いている、効き始めた作戦も、止めていく。

もったいないないですよね。

でも声掛け一つで、こうも変わってしまうのがダブルスの怖さなんです。

 

■技術的なミスを責めても、キリが無い

私の感覚では、技術的なミスを責めても意味が無い。

ラケットの当たり損ないなんて、無くすのは無理。

だけど、作戦上のミス、例えばポジショニングが間違っていた、ポーチに出ると言っても出なかった、などは問題です。

怒るのではなく、確認する。

確認することで、雰囲気も良くなるし相手にも「良い打ち合わせしてるな・・・」とプレッシャーになるのです。

 

ミスを責める、のは意味が無い。

試合の現場では、すべて確認だと思っています。

相手を信頼して、ミスしたときに声をかけるし、その声を歓迎する。

試合中のミスから気まずくなってペアで疎遠になって、崩れていくダブルスが多過ぎるように思います。

学生の皆さんも、ぜひ客観的にミスしたポイントで自分たちはどうか・・・を、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

    ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。特に、ボレー戦になった…

  2. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  4. ダブルス

    どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

    ダブルスの試合で、相手ペアをよく見ていると面白い。そして、片方…

  5. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
  2. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
  3. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる
  5. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
PAGE TOP